%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-24-1-46-04
ここまで無敗の話題の昇格組RBライプツィヒを、ホームで迎え撃つFCケルン。この試合をめぐる戦いは勝ち点3だけでなく、エナジードリンクのPR合戦にもなったことを、大衆紙ビルトが伝えた。

ケルンでユニフォーム・スポンサーを務める、スーパーマーケットREWEには、1シーズンに2回だけ、胸のロゴマークを変更する権利が与えられており、REWEのPR担当はエナジー・ドリンクのPRに向けての絶好の機会と判断。胸元に『REDBULL』の文字が記載されたRBライプツィヒに対し、ケルンは『Maximal G』で対抗するという。

REWE社のいCEOは、「定番のドリンクと、我々の新しいドリンクを比較してもらうことができる」と説明した。

確かに、レッドブル社の支援で急速に成長したライプツィヒに非難の声はあるものの、しかしビルト紙によれば今回のことについては、サッカーファンの間では悪ふざけとして、あまり好意的には受け止められてはいないようだ。