diiiiiiiirk800-1474630276
4年間チームを率い、そして3部から一気にブンデス1部へと導いた古巣ダルムシュタットとの戦いは、疑いようもなくダーク・シュスター監督にとって「特別な気持ち」を抱く戦いだ。

「アウグスブルクのことに集中しているよ。ただ常にダルムシュタットのことは気になっているし、そうじゃないといえば嘘になる」

そしてシュスター監督が去った今シーズン、昇格組ながら1部残留を支えた多くの主力選手たちもまた、シュスター監督と同様にチームを後にしていった。そのため現在のダルムシュタットの印象について、シュスター監督は「マイアー監督が独自性を持ち込んでいるし、新しい選手を多く獲得している」とコメント、さらに「大きな入れ替えが起こったにもかかわらず、彼らは引き続き戦えるというところを見せている。良い道を歩んでいると思うね」と賛辞を贈った。

ただしあくまで目標は「勝ち点3を得ること」であり、「非常に情熱的な」ダルムシュタットへの警戒心を示した指揮官は、試合展開について「我慢と規律が求められるだろうし、ポゼッション率も上がるだろうが」と予想。「勝ち点3を持ち帰るために全力を尽くすよ。」と意気込みを見せた。

なおこの試合では、前節に足首を負傷したク・ジャチョルの出場が危ぶまれている。