kovac800-1474625499
開幕からここまで4試合、ホームでシャルケやレヴァークーゼンといった強豪を撃破し、ここまだダルムシュタットとのダービーで敗戦しただけのアイントラハト・フランクフルト。最近のフランクフルトを思えば、まるで夢のような結果だ。

コヴァチ監督は、「我々は良い流れにある。試合開始から終了まで、全員が力を出し尽くしてくれているんだ。改善がみられるよ。でも一寸先は闇だし、ふんぞり返らないことだ」と述べ、「ただ自分たちが昨季に入れ替え戦を経験したことは忘れてはいないがね。あんなことはもうごめんだ。それが後押ししているのかもしれないね」とコメント。

そして「前を向いて、どんどん押し上げていきたいね」と意気込みをみせており、「どんどん積み重ねていきたい。当然ながら改善点もあるが、しかしポジティブささをチームの雰囲気に加えていきたいね」と語った。


一方で今回対戦するヘルタ・ベルリンについては、一体感を個人の力もあるとの見方を示し、「非常にコンパクトに、規律をもって守ってくるチームだ。同じレベル同士の戦いだよ。勝ち点のためにがんばらないと」と評価。特にコヴァチ監督やマネージャーのボビッチ氏にとっては、古巣戦ということもあり、「楽しみだ。特別な試合だよ」とも述べている。

ちなみにコヴァチ監督就任からここまで、フランクフルトは入れ替え戦を除き1度もドローがなく、さらに特筆すべきは最近の勝率であり、ここのところ8試合でフランクフルトは、実に6勝も収めているところだ。