%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-13-19-37%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-26-13-19-45

マン・オブ・ザ・マッチ:アンドレイ・クラマリッチ

【得点】

0−1:シュポ=モティング(4分、エムボロ)

1−1:クラマリッチ(17分、カデラベク)

2−1:ルップ(41分、デミルバイ)

【試合後コメント】

ユリアン・ナーゲルスマン(監督:ホッフェンハイム):
先制点を許したあとで、すぐに試合に入っていくことができた。そして同点とし、さらにうまくボールを奪ってから追加点へと結びつけたよ。後半に関しては、もっと早く試合を決めてしまわなくてはならなかったと思う。

マルクス・ヴァインツィール(監督:シャルケ)
とても良い形で試合に入ったのだが、しかしリードを奪っても安定感をもたらすには至らなかったよ。あの2失点については、自分たちから献上したようなものだ。思っていたことを、頭をクリアにして、実践に移すことができていなかったね。

ベネディクト・ヘヴェデス(主将:シャルケ)
どこに問題があるのかまだわからない。今は言葉を失っているという状況だ。オフェンスでうまくいかなくて、ディフェンスでミスをおかしている。時間が経つごとに難しくなっていくけど、なかなかまだうまくいっていない。このレベルではブンデスではやっていけないさ。結束して改善していかないと。監督どうこうということはない。これからもサポートを受けてもらいたいと切望している。(終盤のハンドが見逃されたことについて)この試合は審判どうこうで決まったんじゃない。自分たちの問題だ。

クリスチャン・ハイデル(マネージャー:シャルケ)
前半では総走行距離53kmとあまりに物足りなかった。後半は精力的なプレーを見せてはいたと思うが、しかし十分ではなかったよ。ヘヴェデス以外にはそう見ている。これを続けてはいけない。切り替えて別のプレーをみせないと。私は食事も喉が通らないくらいだ。監督問題については特にない。クラブ内では落ち着いている。

25 09 2016 xjhx Fussball 1 Bundesliga TSG 1899 Hoffenheim FC Schalke 04 emspor v l Eric Max