guerreiro8-1474710944
ヴォルフスブルク戦で、ブンデス初得点をマークしたラファエル・ゲレイロ。続くフライブルク戦ではベンチスタートとあったのだが、しかしこの試合でもさらに得点を決めており、「本来、ゴールすることが最優先の選手ではないんだけど」と述べながらも、試合を決定づけるゴールに喜びを見せた。

「いいプレーができたと思うよ」と振り返ったこの日の試合でも、本来はサイドバックとして加入した同選手だが、トゥヘル監督下ではセントラル・ミッドフィルダーとしてプレー。

しかし「監督が求めるところでプレーするし、チームの助けになれるようにがんばるよ」と語った22歳は、このポジションにより「たくさんのプレーに関われる」ことが、自身に好影響をもたらしているとも考えており、「ドルトムントで温かく迎え入れてもらった」なかで、特にオーバメヤンやカストロらと「仲がいいし、サポートしてくれている」ことも明かしている。

なお火曜日には「光栄」と語るレアル・マドリード戦が控えているところだが、特にポルトガル代表でチームメイトのクリスチアーノ・ロナウドとの対戦を「特に楽しみ」にしており、対策について問われると「それは火曜日にみせるよ」と意気込みも示した。