image
自身が前回に退場処分を受けたことについて、「ドイツ語をもっと早くマスターしないとね」とユーモアを交えて振り返ったアーロン・ヨハンソン。

その間にスクリプニク氏からヌーリ氏へと監督が交代し、ここ2試合では若手ウスマン・マネーが先発出場を続けているところだ。「2試合とも良いプレーをみせているし、僕の先発復帰はそう簡単なことではないだろう」とヨハンソン。「激しい定位置争いだね」と言葉を続けながらも、ただその一方で「でも僕はすでに、チームの助けになれるというのは証明しているよ」と自信ものぞかせた。

なおヌーリ暫定監督の印象については「とても熱くてアグレッシブ」な印象を抱いており、同氏の正式な就任、もしくは新たに迎え入れるにせよ、不透明な将来での定位置争いを避けるため「できればダルムシュタット戦後にも決まってくれたらいいんだけど」と語った。

またセルゲ・ニャブリが膝の負傷で練習を中断する事態が起こったものの、こちらは大事には至っておらず週末の出場には特に問題はないようだ。