FBL-EUR-C1-MONACO-LEVERKUSEN

週末には、同じチャンピオンズリーグの舞台で戦ったボルシア・ドルトムントとの試合が行われるレヴァークーゼン。しかし守備を支える2人の主力、エメル・トプラクとラース・ベンダーの出場が不透明となっている。


ベンダーはもともと痛めていた脛骨を、モナコ戦で負傷したものの、結局最後までプレー。

一方のトプラクは、ファビーニョとの対人戦で膝を打撲しており、こちらも治療を受けたのちに最後までプレーした。

試合後にシュミット監督は「2人とも負傷してしまった。しかし土曜日にはいけると思う」とコメント。



なおレヴァークーゼンこれから、数日間は体力の回復にあて、日曜日に行われるドルトムント戦に備える。