先週1週間のうちに行われた3試合すべてで、内転筋の問題で欠場を余儀なくされたルイス・グスタボ。

「いい感じにきてはいるよ」と語るブラジル人MFではあるのだが、「まだ筋肉が硬くてね、日々様子をみていかなくてはならないよ。マインツ戦は無理だね」と語った。

この3試合で勝ち点をわずか1しか得られていないヴォルフスブルク。穴埋めはアーノルドとゲルハルトの若手MFが試みてはいるものの、守備の安定を失っており、グスタボには早期に復帰を果たしてもらいたいところだ。

最近の不振について、グスタボは「なぜこうなってしまっているのかわからないよ。でもプレッシャーをかけてもいいことはない。もう十分に重圧はかかっている。もっとよくしなくてはいけないことは痛いほどわかっているんだ」と述べている。