bartra800-1475133364
本来はレアル・マドリード戦での復帰が見込まれていたマーク・バルトラだが、週末に行われるレヴァークーゼン戦でも引き続き、欠場することが明らかとなった。

本来はタフなスケジュールの中で体力の回復を考慮しているトゥヘル監督だろうが、しかしセンターバックではスウェン・ベンダーも離脱中にあるため、現在は基本的にソクラテスとマティアス・ギンターだけがオプションということになる。

ヴォルフスブルク戦で負傷交代を余儀なくされていたバルトラは、そのときには内転筋の過度伸展を診断されていたものの、復帰をめざしたレアル戦に向けての最終調整で負傷。今回はわずかながら筋損傷がみられることが判明した。

なおドルトムントの次節は代表戦期間をはさむため、10月14日に行われるヘルタ・ベリン戦ではバルトラの復帰が見込まれることになる。