streich800-1475248329
クリスチャン・シュトライヒ(監督:フライブルク)

…ホーム8連勝
そんなことを書くなよ。変な緊張になるんだから。そんなものはいらない。

…これから代表戦期間
2週間の時間を得られるにのは嬉しいね。

…チームについて
このチームは非常に若いので我慢も必要だ。スタジアムでは少し声もかけるが、しかし選手には落ち着きが必要なんだ。それで正しい判断を下せるようになる。

…点取り屋マイアーについて
時々うまくいかないように見せていても、しかしその数秒後には得点を決めてしまっていたりもする選手だ。

…ペテルセンについて
相手CBを翻弄することができる選手だね。
…イグニョフスキにとっては古巣戦
特に意気込みすぎるということもないだろう

…フランクフルトについて
昨季の低迷期から正しい判断を下したね。

…これからのブンデスの戦いに向けて
精力的なプレーはこれからも当然必要だ。精力的な犠牲心をもってのプレーで、ブルートのように限界まで力を発揮するようになるんだ。

ゲオルグ・ニーダーマイアー(CB:フライブルク)

…相次ぐ負傷者を受けてフライブルクに加入
他の選手たちのが怪我している間のためだけに、ここにきたとは思わない。監督やチームメイトから温かく迎え入れてもらったよ。

…キャンプには参加しておらず、出遅れている
バイエルンIIでとても良い機会を得て、トレーニングはしていたけど、僕がここにきたときは、選手たちはもう仕上がっている状況だったから。

…シュトライヒ監督につおいて
シュトライヒ監督は本当に変わらないね。とっても感情的だし、常にチームに影響をあたえて、プレーの状況にも対応している。こういう人といっしょに、自分もあつくなりたいと思うものだよ。

…フライブルクについて
フライブルク戦では、常に一丸となって立ち向かってくる相手という印象だった。そしてその結束力が相手のチームを苦しめる方法にもなるんだよ。ここではとても信頼関係を感じるし、みんなダイレクトかつオープンに話している。ここの一員になれてうれしい。

…シュトゥットガルトとは異なるサッカーだが
いままでと違うサッカーであることが、自分にとってのデメリットだとは思わない。それに僕は、対人戦での強さだけで、ブンデスリーガでやってきたわけではないよ。