esser800-1475341535
先週初めには病気のために練習参加を見合わせていたミヒャエル・エッサー。それでも週末のブレーメン戦では、再びゴールマウスに立ったのだが、今度は肩に負傷を受けて交代。検査を受けるために病院へと搬送された。

問題の場面は後半の51分。相手MFユヌゾヴィッチからのセットプレーに、ラミーヌ・サネが頭で合わせて失点を許したのだが、ここでチームメイトのミロシェビッチと交錯。左肩を強く打撲し、治療を受け続行を試みたものの、結局55分にダニエル・ホイアー・フェルナンデスと交代している。

ここまでkicker採点平均2.2と素晴らしい成績を残していた同選手だが、試合後にマイアー監督は「検査の結果をまたなくてはならない」と語った。

なお試合は、チョラクの2得点でダルムシュタットがブレーメンと痛みわけに終わっている。