aaa-1475503144
今回の代表戦期間では、フランクフルトからは合計9選手が招集を受けた。

ルーカス・フラデツキー(フィンランド)はアイスランドとクロアチア戦、長谷部誠(日本)はイラクとオーストラリア戦、タレブ・タワサ(イスラエル)はマケドニアとリヒテンシュタイン戦、ハリス・セフェロヴィッチ(フランクフルト)はハンガリーとアンドラ戦と、いずれもW杯予選に参加する。

またU21代表ではヘスス・バジェホ(スペイン)はサン・マリノとエストニア戦、ミヤト・ガチノヴィッチ(セルビア)はアイルランドとスロベニア戦、そしてシャニ・タラシャイ(スイス)はノルウェー戦がそれぞれ控えているところだ。

またティモシー・チャンドラー(米国)はキューバとニュージーランド、マルコ・ファビアン(メキシコ) はニュージーランドとパナマとの親善試合がそれぞれに行われる。

なお今回もっとも遅く開催される代表戦はこのメキシコvsパナマ、U21セルビアvsスロベニア、そして日本vsオーストラリアということになり、その週末には王者バイエルンとの一戦がひかえているところだ。