aaa-1475501782

週末のケルン戦で先発復帰を果たしたアリエン・ロッベン。しかしハーフタイムでは肋骨の打撲のために交代を余儀なくされた。

「痛みがあってプレーを続行することはできなかったが、しかし決してひどいものではない」と、アンチェロッティ監督は試合後にコメント。後半からはミュラーを代わりに起用している。

ただ大事には至らなかったものの、オランダ代表への参加は見送る結果となった。なお今夏のユーロ2016出場を逃したオランダ代表は、金曜日にホームでベラルーシと、来週の月曜にはこちらもホームでフランス代表と対戦。

内転筋の問題に悩まされたロッベンは、2週間前のヘルタ・ベルリン戦で途中から出場してカムバック、そして見事ゴールという形で自ら復帰を祝っている。


またハビ・マルティネスも、同じくスペイン代表への参加を見合わせた。スペインサッカー協会が発表したところによれば、28歳のDFは内転筋を負傷しており、ケルン戦ではフル出場していた同選手だが、10月6日におこなされるイタリア戦、そして9日に行われるアルバニア戦を欠場することになった。