drobny800-1475666442
今回の代表戦期間は、ヤロスラフ・ドロブニーにとって非常に辛いものとなった。同選手はチェコ代表との練習中に負傷を抱えたという。

これにより、最近は先発の座をゆずっていた、フェリックス・ヴィートヴァルトにとってはチャンス到来となる可能性もあるだろう。

今夏にハンブルクからブレーメンへと加入したドロブニーは、ポカール1回戦敗退やバイエルン戦での大敗などを受け、それまで先発を務めていたヴィートヴァルトに代わり第3節から先発出場。ここまではkicker採点平均3.00をマークしていた。

なおチェコサッカー協会からの発表では、そのドロブニーは肘に小さな亀裂がみられ、しばらくギプスを装着するとのことだが、いっぽうでブレーメン側は手関節の負傷としており、マネージャーのバウマン氏は「まずチームドクターがチェックをして、金曜午前にブレーメンで検査をうけ離脱期間など判明することになる」との見通しを示している。