image
ラインハルト・グリンデルDFB会長は、「クラブ100」が選出するフェアプレー賞を、アイントラハト・フランクフルトのニコ・コヴァチ監督に授与した。

イベントには、ホルスト・フルベシュ氏やヴィリ・シュルツ氏も出席。しかしコヴァチ監督は諸事情により授賞式には出席することができず、ビデオにて受賞の喜びを語っている。

コヴァチ監督は、今春に行われた2部ニュルンベルクとの入れ替え戦で勝利した後、倒れこみ失意を抱える相手選手たちに言葉をかけていく姿を見せていた。

ちなみにクラブ100は、最初の代表戦100周年を記念して2008年に設立、メンバーはかつて代表としてプレーしてきた選手たちによって構成されている。

hubee-1475673525
その一方で、DFBスポーツ裁判所は、ブルーノ・ヒュブナーSDに対して2000ユーロの罰金を命じる判断を下した。

同氏は先日行われたレヴァークーゼン戦で、相手チームのPKがあたえられた際に「スポーツマンシップに反する行為」から、主審のディンガート氏より退場処分が命じられており、すでにヒュブナー氏はこの判断を受け入れている。