dfb8-1475756990
これから迎えるチェコ、そして北アイルランド戦に向けた代表メンバーに名を連ねたイルカイ・ギュンドアン。風邪のために水曜日の練習参加は見合わせたが、先日代表引退を発表したバスティアン・シュヴァインシュタイガーの穴埋めに向け、意気込みを見せているところだ。

レーヴ代表監督からその視野の広さとテクニック、サッカーIQと創造性を高く評価されるギュンドアンは、これまで前述のシュヴァインシュタイガーやクロース、ケディラら多くの強力なライバルがいる中で、ドイツ代表としては16試合に出場してきたものの、背中や膝の負傷などにより、2014年のワールドカップ、そして今夏に行われたユーロ2016の参加も辞退する結果となっている。

Fussball/ GES/ Frankreich - Deutschland, 13.11.2015「本当に辛い時期だったね」と振り返ったギュンドアンは、「決して諦めることなく」復帰に向けて取り組み続けており、今夏に移籍したマンチェスター・シティへの移籍が、代表でのこの流れを変えるきっかけになるよう願っていることだろう。

「代表にまだ戻ってこれて嬉しいよ。こんなに時間がかかるとは思わなかった。ユーロにもワールドカップにも参加できなかったのは残念だけど、今は楽しんでいるし、自分の力を発揮したいね。」そう述べたギュンドアンは、さらに「そして代表でシュヴァインシュタイガーのような素晴らしいキャリアを過ごせればと思うよ。」と語った。