dou80-1475833141
今夏にパリ・サンジェルマンから加入したママドゥ・ドゥクレが、今年いっぱいはチーム練習に参加できないことが明らかとなった。

加入直前に筋束を断裂した若手DFは、ここまでリハビリに取り組み、練習場で個人練習を行えるところまで回復をみせていたものの、ここにきて負傷が悪化したことがチームドクターより伝えられている。

これからは冬の準備期間参加に向けて、再び回復を図っていくことになるが、アンドレ・シューベルト監督は、あらためてフランスU19での負傷について「とても残念なことだった。加入5日前にだったというのに」と振り返り、「そして今回は怪我が悪化してしまった。本当に残念だし、彼のように若い選手のことを思うと特に心がいたむよ」と述べた。