mainz8-1476004658
ELカラバフ戦で、武藤嘉紀が負傷により離脱となり、代表戦明けからの3週間で7試合が行われるハードな日程を前に、「コルドバを全試合先発させるわけにはいかない」と、FWのやりくりに頭を抱えていたマルティン・シュミット監督。

そんな中で行われた先日のテストマッチでは、指揮官はコルドバとともに、身長188cmのカリム・オニシウォを2トップとして起用した。

これによりフィジカルなプレーが売りのコルドバにとっては、相手CBからのプレッシャーが分散される格好となっており、確かに5部のチームが相手とはいえ、この日は2得点を挙げる活躍を披露している。

シュミット監督は「ブンデスでもオプションとなるかもしれないね」とコメント、本来は前節でも2トップを採用する予定であったことを明かしていたが、あらためて今回は手応えをつかんだようだ。

ただしこの日に採用した4−4−2では、マリを欠くトップ下不在でテスト。その結果、2トップの背後ではうまくボールがつながってはいないところが見受けられてはいたのだが、しかし素早く前線にフィードすることによって、むしろリスクの軽減できるという見方もできるだろう。