seifert8-1476092297
ドイツサッカーリーグ(DFL)は、代表取締役を務めるクリスチャン・ザイファート氏との契約を、2017年からさらに2022年まで延長したことを発表した。

2005年からドイツサッカーリーグにて取締役を務める47歳は、就任からこれまで一貫してTV放映権料の改善に成功。また競技面では、UEFAカントリーランキングで、就任当初の5位からリーグアン、セリエA、そしてプレミアリーグを交わして2位へと浮上している。

ドイツサッカーリーグのラインハルト・ラウバル会長は、「この11年間、彼は素晴らしい仕事をしてきた。彼はドイツサッカーリーグの成功に貢献してきた人物だ」と評価。

一方のザイファート氏も「相談役会からの信頼を嬉しく思うし、これからのタスクを楽しみにしている。各クラブ、そして委員会の皆さんとともに、強固な在籍基盤と高い人気を活かし、ドイツサッカーを全ての面でさらに前進させていきたい」と喜びを語った。