Borussia Mönchengladbach - Bayer 04 Leverkusen 2:1
非常に積極的にローテーションを行っているグラードバッハの中にあって、その恩恵を受けられずにいるのが、今冬にドルトムントから加入したヨナス・ホフマンだ。

今夏の準備期間では、ブレイクを予感させる動きをみせていたものの、しかしアウトサイドでも中央でも、いまだ居場所を見いだせない日々が続いており、今季はポカール1海戦、そしてブレーメン戦での途中出場のみにとどまっている。

ホフマンの課題としては、対人戦とキープ力の改善、さらにシューベルト監督は自信の欠如も問題視していおり、「彼はここに来た時、ここぞという場面で仕掛けることなく、安全なパスを選択していた。確かに良いアシストを見せた時もあるが、それはプレッシャーのない中での話であり、公式戦になったらまた注意しすぎているよ。これは自信の問題だろう」とコメント。

一方で、グラードバッハとの契約を2020年まで残すホフマンは、今冬での移籍の噂について明確に否定しており、「僕は100%ここに残るよ」と宣言、元ドイツU21代表はグラードバッハでのブレイクを誓った。