Bayer Leverkusen v Eintracht Frankfurt - Bundesliga
フランクフルト、東京、メルボルン、そしてフランクフルト。これが今回の代表戦期間中に、日本代表主将を務める長谷部誠が移動する都市の名前だ。

移動距離の合計は、実に3万3843km、飛行時間は44時間にも及び、週末に控える王者バイエルン戦に向けて、決して万全といえる状況ではない。

果たして長谷部はこの試合でもオプションとなるのだろうか?

だが大衆紙ビルトによれば、コヴァチ監督は「木曜に戻って来て、彼と話すことにはなるが、しかしバイエルン戦に向けて当然オプションとして考えている」とコメント。長谷部の出場の可能性を示唆する発言を行った。

なお日本代表は火曜にメルボルンにてオーストラリア代表と対戦。バイエルン戦は土曜日にホームで開催される。

昨シーズンの第26節から指揮を執るコヴァチ監督は、昨シーズンは第27節の途中出場を除き、入れ替え戦2試合を含む10試合すべてで長谷部をボランチとして先発起用。今季も出場したリーグ戦3試合では全てフル出場しているところだ。(kicker採点平均:3.5)