GK:ダニエル・ホイアー・フェルナンデス(23)

GK:ダニエル・ホイアー・フェルナンデス(23)




「これまでと変わらずに、トレーニングを続けているところだよ」

そう語ったのは、先日のブレーメン戦でブンデスデビューを果たしたダニエル・ホイアー・フェルナンデスだ。その試合で先発出場したエッサーが、相手選手ミロシェヴィッチと交錯した際に肩を負傷、そのまま交代を余儀なくされている。

現在のバックアッパーという状況に、ホイアー・フェルナデスは「定位置争いはわかっていたことさ」とコメント。ユース時代に過ごしたボーフムでは定期的にトップチームの練習に参加しており、そこでプレーしていたのがこのエッサーだった。

「僕たちは互いにリスペクトしあっているし、ライバルだけど良い関係だよ」とコメント。

ただエッサーの今後の回復次第では、ホイアー・フェルナデスに2度目のブンデス出場のチャンスが巡ってくることになる。

ヴァッヘGKコーチは「今夏の準備期間で、とりあえずの序列はできてはいるが、しかし選手達は常に証明し続けなくてはならないよ」との考えを示し、現在第3GKとなっているベレツォフスキーを引き合いに出しながら「彼だって、いつまでも観客席で試合を見たいわけではないんだ」と奮起を促した。