fc8-1476189206
ここ4週間は筋肉の問題で離脱が続いていたレオナルド・ビッテンコート。だがようやくそのトンネルから出口の光が差し込めてきた。

再びチームメイトとともに練習に励む22歳の攻撃的MFは「また一緒にプレーできて嬉しいよ」と喜びを浮かべ、「正直、外から試合を見ている方が余計にハラハラしてしまうものなんだ」とコメント。しばらくはもう経験したくはないことだろう。

開幕から好調なシーズンを過ごしていた同選手だったが、その矢先に負傷を抱えて離脱。それからもチームは無敗を続け、先日のバイエルン戦ではアウェイで貴重な勝ち点1を獲得したが、このような流れにもビッテンコートには不安はなく、「僕が怪我をする前から調子は良かったんだし、それにチームがうまくいっていない状態で合流するより、うまくいっている状態で合流するほうがいいよ。だって僕はスーパーマンじゃないんだから。一人でなんでもできるわけじゃない」との考えを述べている。

ぜひこのままチームの好調さをキープする、その手助けになることを願っているビッテンコートだが、しかし最終的なシーズンの目標については口にすることはなかった。

「そんな先のことに思いを巡らせるべきではないよ。今度のインゴルシュタットだって難しい相手なんだ。確かに良いシーズンを過ごしているし、それについては誇りにお思うけど」

ただその一方で、自身の状態については前向きに見ており、「今週がいまみたいな感じでいくなら、週末はいけるんじゃないかな」とコメント、ケルンにとっては現在採用する4−4−2の左ウィングのベストオプションが戻ってくることになりそうだ。