lev8-1476272423
ブレーメン戦を前に、レヴァークーゼンに朗報が届いた。

先日のオーストリア代表参加中に、背中に問題を抱えていたアレクサンダー・ドラゴヴィッチと、大腿筋に打撲をうけていたユリアン・バウムガルトリンガーがそろって、水曜午後からチーム練習参加を果たしている。

シュミット監督は週末の試合からオプションになることを見込んでおり、「これでやることはやったという感じだね。今は離脱の恐れは特にない」とコメント、ほっと胸をなでおろしているところだ。

なおそのほかに代表に参加していたチャールズ・アランギス(チリ)とヴェンデウ(ブラジル)、そして先日日本代表と戦ったロビー・クルーズ(オーストラリア)はまだ帰国の途についているところであり、水曜日の練習にはまだ姿をみせていなかった。