img_3418
今季はクラブ史上はじめてのブンデスでの戦いながら、ここまで6試合で無敗を継続しているRBライプツィヒ。

そして代表を務めるオリヴァー・ミンツラフ氏は、年内にも新スタジアム建設の決断を下す考えを明らかにした。

ただし伝えられた建設費用3億ユーロについては否定しており、「仮にスタジアムを建設するなら、もっと安い金額で建てる」と同氏。

しかし今のスタジアムでも居心地の良さは感じており、「監督、選手、ファン、私など個人的なことではないんだ」と前置きした上で、「クラブの発展のために、どこにスタジアムがあるべきかということだよ。増築についてもさらに話し合いの予定がある」と語った。

現在のスタジアムの収容神通は約4万3000人だが、仮に増築となった場合には5万人以上を目指していく。