img_3406
この日は44度目となる自身の誕生日のことは二の次だ。「勝ち点を獲得したい」と宣言した指揮官は、対策として「チームとしてディフェンスを行い、相手にあまり正確に切り返しを行うチャンスを与えないこと」とコメント。今回はバイエルンが高いキープ率を誇ることになるだろうが、「しかし我々がキープした時には、サプライズを演じられるようにうまく活かさないとね」と語った。

この試合で欠場を余儀なくされるのが、長期離脱中(アンデルソン、メドイェノヴィッチ、シュテンデラ、ルス、バレラ、ブルーム、フルム)の選手たち。

だがアンテ・レビッチとオマル・マスカレルの状態については、「水曜部に練習に復帰しているし、痛みもなくいけそうだよ」と説明。

しかしその一方で、長谷部誠に関しては出場が疑問視されている。

29歳の日本代表主将は、今回の代表戦期間では東京、メルボルン、そしてフランクフルトへの長距離移動を強いられており、火曜に行われたオーストラリア代表戦ではフル出場。そこから24時間をかけて戻ってきているが、コヴァチ監督は「まだ疲れが残っているようだ」と明かした。

ここまで長谷部は出場したリーグ戦4試合全てでフル出場している。