75d9bc77c57698593542
この試合はヴァインツィール監督にとって、2つの意味で重要であることに疑問の余地はない。就任から開幕5連敗を喫し、ようやくつかんだ前節グラードバッハ戦で勝利からの継続。

そしてもう1つは、成功に満ちた4年間を過ごしたアウグスブルクへはじめて、シャルケの指揮官として乗り込むということだ。そんなヴァインツィール氏が語る・・・

…アウグスブルク戦にむけて

当然感傷的になるだろうね。アウグスブルクは見事な成長を遂げた。今夏には500万ユーロを投じてヨナタン・シュミットを、そして1000万ユーロを投じてマルティン・ヒンターゲッガーを獲得している。私が就任した4年前の移籍金の最高額は、ケヴィン・フォクトを獲得した40万ユーロだったのだよ。すべての面で発展しているし、クラブは本当にとても順調な道のりを歩んでいると思うね。

…アウグスブルクの観衆の反応について
別れを伝える機会が得られなかったが、ただアウグスブルクのファン達は素晴らしい反応をみせてくれると信じている。我々はこの4年間で素晴らしい瞬間を共有してきたし、温かく迎えてくれると期待しているよ。ただもちろん、誰も未来に起こる事なんて知る由もないがね。

…シュスター監督下でのここまでについて
彼を迎え入れられたことはアウグスブルクにとって非常に喜ばしいことだ。非常に良い仕事をしているし、自身でも語っているが、基本的にはあまり多くの変化を起こしてはいない。このチームはすでに成長しているチームであり、ちょっとした部分をいじるだけでいいんだ。今回の対戦にあたっての私のメリットは、アウグスブルクの事情に精通しているということだろうね。

…シャルケ有利と見られる中で
アウグスブルクはこの試合に闘志を燃やして臨んでくることだろうし、対人戦で我々を苦しめてくる事だろう。アウグスブルクのように、そういった基本的なことをしっかりとうまくやることさ。もしもそれができれば、我々の方が相手を上回ることができるだろう。我々の方が個人のクオリティで上回っているからね。ただ念を押しておくが、戦う気持ちがなくては勝利などつかむことはできないよ。

…開幕ダッシュの失敗について
開幕時は問題を抱えてしまっていた。新しく獲得した選手の時期が遅かったことや、開幕からのスケジュールがタフだったこと、そしてもちろん試合が不運な展開となったことも含めてね。なかなかツキを自分たちの方の味方にすることができなかったよ。しかしこの時期で個人的なミスがあったことも確かさ。自分たちで首を絞めてしまったところもある。

…シャルケの目標
選手達は厳しいプレッシャーの中で戦ってきた。私としては、前節のグラードバッハ戦での勝利が、流れが変わる1つのきっかけになるように願っているし、そうだと思っている。あの試合で我々が勝利したのは、チームとして機能していたからであり、我々も目標に到達することもできるだろう。ここのところは勝ち点55の獲得で6位以上となっている。これは実現可能だ、安定し、このままの道を進んでいく事ができればね。


おそらくはこのアウグスブルク戦では、フンテラールとマイヤーの二人の主力が先発から外れることになるだろう。前節のグラードバッハ戦をはじめ、ブレール・エムボロが活躍をみせており、さらに指揮官は「レオンはチームにより安定感をもたらしてくれるし、彼の仕掛けていく姿勢も良い」とレオン・ゴレツカを賞賛。「中盤の安定化が我々の切なる願いだ。精力的なプレーも好影響をもたらすだろう」との見方を示している。