polizei800-1476567440
週末に行われたホッフェンハイムとフライブルクによる”バーデンダービー”では、警察は多くの仕事に追われる結果となった。

まず試合前には、フライブルクのファンがバリケードを乗り越え、先に到着している相手ファンの下へ向かおうと試みており、これに警察は催涙ガスと警棒で応戦。一時的な拘束された者が出たほか、10人が負傷。うち二人は病院へと搬送され、警察にも負傷者がでていることが明らかとなっている。

さらに試合後には、ホッフェンハイムのファンとフライブルクのファンが殴り合いの喧嘩を起こしており、ここでも警察は催涙ガスで騒動を沈静化させている。

今のところはまだ、詳しい内容について、警察は調査中にあるとのこと。