img_3424
シャルケの不運は止まらない。週末の試合では、ブレール・エムボロが年内復帰絶望と鳴る重傷をおったばかりだが、さらにエリック=マキシム・シュポ=モティングも右膝を負傷していたことが明かされている。

これはゲルゼンキルヒェンで受けた検査の結果で明らかになったものであり、膝に炎症を抱えるカメルーン代表FWは、木曜日に行われるELクラスノダール戦を欠場。

これから薬を摂取しながら、医療スタッフとともに回復を目指していくことになる。

ただもしも順調な回復をみせれば、日曜に行われるマインツ戦までにはオプションとなることだろう。