Champions League Sporting Lisbon vs B Dortmund Lisbon 18 10 2016 The Sorting CP received tonight
【得点】
0−1:オーバメヤン(9分、ゲッツェ)
0−2:ヴァイグル(43分、)
1−2:ブルーノ・セザール(67分、ウィリアム・カルバーリョ)

【試合スタッツ】
香川真司、フル出場
(シュート数1、アシスト性のパス1、タッチ数53、対人戦勝率29%、パス成功率86%)

【試合後コメント】
トーマス・トゥヘル(監督:ドルトムント)
今日は非常に若く、経験の浅い選手たちで、試合に臨むことになった。しかし自信をもってプレーし、前半では試合を支配して、アグレッシブにプレーしていたよ。先制点を許してからのスポルティングは、非常にリスクをかけてプレーし、プレッシャーをかけてきたよ。1−2となってからスタジアムは大きな盛り上がりを見せていたのだが、しかしうちの選手たちはそれに動じることなく取り組み続けていた。非常に嬉しく思うよ。

マリオ・ゲッツェ(MF:ドルトムント)
勝ち点3を得たのだから、いい仕事をしたと言えるさ。最後はばたついたところがあったけど、でも試合の大半については比較的に満足することができると思う。タフな試合だった。チームに大きな賛辞を送りたい。今回の勝ち点3をとても嬉しく思うよ。

ユリアン・ヴァイグル(MF:ドルトムント)
得点したシーンについては、そこまで詳しく覚えてはいないんだ。ようやく決まってくれて、とにかく嬉しかったよ。監督はいつも、サイドネットを狙って蹴るように話していて、まさにそれを形にすることができたよ。たぶん最後に得点したのは、1860ミュンヘンのU19の時だと思う。


cl3-21cl3-22