Zell am Ziller Oesterreich 25 07 2016 Trainingslager SV Werder Bremen v l Sambou Yatabare SVW
ヌーリ監督就任から構想外となっているサンブ・ヤタバレとファルー・ディアニェだが、これからはトップチームからも外れ、U23へ送致されることが明らかとなった。

このことについて、ヌーリ監督は、処分等ではなくあくまで「プレー面を考慮してのことだ」と説明。次の代表戦まではこの状態が続くとのことで、「復帰への扉はいつでも開いている辛い知らせだろうが、しかしここからの奮起を期待しているよ。アピールのタイミングはいつだってあるよ」との見方を示した。

かつてフライブルクでもプレーしていたディアニェだが、今はモイサンデルとラミーヌ・サネのベテランCBが守備陣を支えており、さらにまもなくして負傷離脱中のカルディローラも復帰。加えて若手のヴェリコヴィッチやフレーデが控えていることからも、現状ではチャンスをつかむ可能性は皆無だったといえるだろう。

本来はボランチとして加入したはずだったヤタバレだが、スクリプニク前監督はウィングとして起用。しかし今夏にドイツU21代表ニャブリの獲得や、息を吹き返したハイロヴィッチの影響などにより役割を失っており、さらにベテランMFフィン・バルテルスが怪我から戻って来たことからも、厳しい状況にあった。

なお火曜日の練習では、背中の問題によりセルゲ・ニャブリの姿がみられなかったが、しかし週末のライプツィヒ戦には間に合う見通しとなっているようだ。