野菜や果物で話題の人物や出来事を表す「福岡町つくりもんまつり」が23日、高岡市福岡地域中心部で開幕した。住民らが創意工夫を凝らした見立て細工が町を彩り、来場者の目を楽しませた。24日まで。 地元を中心に25団体が36作品を出展。末広町自治会による高さ約6メートルの大型作品「末広蘭綾王」や福岡小学校児童の作品、自治会による作品など、個性豊かでユーモラスな作品が勢ぞろいしている。オープニングセレモニーでは、上田久之実行委員長と板倉北日本新聞社長、石澤義文福岡町観光協会長があいさつ。村田芳朗副市長、水口清志市議会議長、橘慶一郎衆院議員が祝辞を述べた。 24日は、午後7時半からフィナーレの町流しがある。中心部の通りは午前10時〜午後9時に歩行者天国になる。 まつりは高岡市、福岡町観光協会などでつくる実行委員会主催、北日本新聞社共催。問い合わせはつくりもんまつり実行本部(さくら会館内)、電話0766(64)6716。