東証マザーズ上場のアイドママーケティングコミュニケーションは13日、東京証券取引所に対し同1部または2部への市場変更を申請したと発表した。今後、東証の審査を経て1部か2部かが決まる。 マザーズには昨年3月に新規上場したばかりで、市場変更によって知名度向上や人材確保を目指す。承認には一定数以上の株主がいることなどが要件となっており、同社は今月11日に市場の時間外にまとまった自社株を売却する立会外分売を実施している。 同社は1979年に設立。全国の大手スーパーなどに、消費者ニーズやPOS(販売時点情報管理)システムのデータ解析に基づいた販促企画などを提案している。2016年3月期の売上高は71億7500万円。