9月17日、18日、19日で「高円宮杯U-18サッカーリーグ2016プレミアリーグWEST」は第13節を開催した。首位は勝点32のサンフレッチェ広島F.Cユース(広島)。2位には勝点27の東福岡(福岡)。3位には勝点26のセレッソ大阪U-18(大阪)がつけている。

 得点王争いは第13節のガンバ大阪ユース戦でチームは惜しくも敗れたものの2得点をマークした中島元彦(セレッソ大阪U-18)が首位タイ浮上。前節に単独トップに躍り出た佐藤凌我(東福岡)は神戸弘陵(兵庫)との一戦で同点ゴールを決め通算8得点としている。また、1得点差で満田誠(サンフレッチェ広島F.Cユース)と藤山雄生(大津)が追いかけている。

▽プレミアリーグWEST得点ランキング(9月19日終了時点)
1位:8得点
佐藤凌我(東福岡)
中島元彦(セレッソ大阪U-18)
3位:7得点
満田誠(サンフレッチェ広島F.Cユース)
藤山雄生(大津)
5位:6得点
舩木翔(セレッソ大阪U-18)
向井章人(ヴィッセル神戸U-18)
食野亮太郎(ガンバ大阪ユース)
杉山 直宏(大津)
9位:5得点
竹村史明(神戸弘陵)
三田尻和哉(京都サンガF.C. U-18)
山根永遠(サンフレッチェ広島F.Cユース)
明比友宏(サンフレッチェ広島F.Cユース)