9月24日、「高円宮杯U-18サッカーリーグ2016 プレミアリーグ WEST」は第14節4試合を開催した。

 首位のサンフレッチェ広島F.Cユース(広島)とヴィッセル神戸U-18(兵庫)の一戦はFW明比友宏、FW山根永遠らのゴールでよってサンフレッチェ広島F.Cユースが4-2で勝利し勝点を積み上げた。また、2位の東福岡(福岡)と3位のセレッソ大阪U-18(大阪)の一戦はMF印藤虎太郎、DF齋藤遼、DF小林洵の3ゴールによって3-0でセレッソ大阪U-18が勝利し2位に浮上した。

 神戸弘陵(兵庫)と大津(熊本)の一戦は2-1で神戸弘陵に軍配。名古屋グランパスU18(愛知)と大分トリニータU-18(大分)の対戦は1-1で引き分け勝点を分け合った。

 第14節の残り1試合は25日に開催される。