冬の高校日本一を決める「第95回全国高校サッカー選手権」への出場を懸けた80校が参加する長野予選の3回戦が10月8日に各会場で開催された。

 前回大会優勝校の東京都市大塩尻は松本蟻ヶ崎と対戦し7-0で勝利。同準優勝の松本第一は飯田を8-0で下した。同4強の創造学園は梓川に2-0で勝利した。今夏の全国総体出場校の市立長野は野沢南に6-0で勝った。

 また、名門・松商学園は諏訪清陵に8-0で快勝。駒ヶ根工はPK戦の末に上田東に勝利している。

3回戦の試合結果は以下の通り。

市立長野 6-0 野沢南
諏訪清陵 0-8 松商学園
駒ヶ根工 0-0(PK:5-3)上田東
小諸 0-7 上田西
東海大諏訪 6-0 丸子修学館
上伊那農 3-4 長野吉田
上田千曲 2-0 田川
梓川 0-2 創造学園
東京都市大塩尻 7-0 松本蟻ヶ崎
小諸商 1-4 赤穂
長野日大 3-0 伊那弥生ケ丘
岡谷東 0-0(PK;3-5)松本県ヶ丘
上田 4-0 豊科
伊那北 0-1 松本美須々ヶ丘
上田染谷丘 3-1 長野工
飯田 0-8 松本第一