10月15日、37校が参加する第95回全国高校サッカー選手権大分予選の1回戦全試合と2回戦4試合が行われた。

 1回戦では日本文理大附が杵築に10-0で勝利。鶴崎工は8-0で竹田に勝利した。大分商と岩田の一戦は9-1で大分商が勝利。その他、宇佐と大分東明が初戦を突破した。また、2回戦では大分高専が岩下、川村らのゴールにより6-1で大分豊府に勝利。大分西は永井の決勝ゴールによって1-0で臼杵を退けた。別府鶴見丘は溝部学園に快勝。大分上野丘は渡邉孝と安部のハットトリックの活躍などにより 日田林工に大勝した。

 また、翌16日には前回大会優勝校の大分や今夏の全国総体出場校の中津東、そして情報科学、柳ヶ浦などが登場する。