2016年10月1日より、「2016年4月1日以降生まれのお子さん」を対象に「B型肝炎ワクチン」が定期予防接種となりました。

標準的な定期接種のスケジュールは「生後2か月で1回目、1回目の接種から27日以上あけて、生後3か月で2回目、1回目の接種から139日以上あけて、生後7〜8か月で3回目」で、定期接種で受けられる期間は1歳未満となります。

なお、2016年3月31日以前に生まれたお子さんは任意でワクチン接種が受けられます。また、HBs抗原陽性のお母さんから生まれたお子さんの場合は健康保険適用となります。

「子育て応援団」Webサイトでは、「B型肝炎ワクチン」接種の詳細と、スケジュールについてのお悩み相談を掲載していますので、ぜひ参考にしてください。