プロ・アマ問わず、危険な運転の乗り物に乗ってしまい、「危ないっ、ぶつかる!」と思った瞬間はありますか? わき見運転、居眠り運転、スピードの出しすぎ……など、怖い思いをした経験談を既婚女性100人に聞いたところ、皆さんいろいろあるようです。
­
幸いにも怪我をするところまでは至らなかったようですが、いつなんどき事故に巻き込まれるか分かりません。避けられる危険は避けたいものですね。

よそ見運転は絶対にやめて!

多かったのがスマホ・携帯に気をとられながらの運転。いつ事故が起こっても不思議ではありません。
­
・「自分の犬の写真をやたら見せて自慢することに夢中で、前をしっかり見てくれなかったタクシーの運転手。”いいから前を見ろ”と言いたかった」
­
・「すれ違ったトラックの運転手さんが、某週刊マンガ誌を読みながら運転してた! 楽しみだったのかもしれないけど、運転しながらは怖すぎる〜」
­
・「タクシー運転手が無線と携帯の両方で話しながら運転していました。やめて欲しかったけれど、言っても聞こえないと思いあきらめました」
­
・「ふらふら走っている車が横にいたので運転席を見たら、下に物が落ちたのか、拾おうとしながら運転していた」
­
スマホや携帯を片手に運転することは、道路交通法違反です。罰則が厳しくなり、イヤホンマイク(ハンズフリー装置)が普及していますが、基本的にはハンドルを握るときは運転に集中するのが鉄則。バスやタクシー運転手は、プロとして人の命を預かっているのですから、なおさら注意してほしいものですね。

高齢ドライバーの無茶な運転はやめて!

本人はまだまだ若いつもりだけれど、同乗するのも、はたで見ているのも怖い…。
­
・「残業をしてタクシーに乗って帰った時のこと。とても優しそうなおじいちゃん運転手さんだったんですが、片道15分の道のりで3回『どちらまでいきます?』と聞かれ、『エッ、忘れちゃってる­』と不安を感じました」
­
・「私の後ろを走っていた高齢者の車が半ドアでした。案の定、走りながらドアが開いてしまっていて、見ている方がヒヤヒヤしました」
­
・「赤信号を見落として交差点にノンブレーキで突入してきた高齢ドライバー。それだけでもヒヤッとしたのに、ぶつかる!と思ってクラクションを鳴らしたらところ、そのドライバーからすごい罵声を浴びせられました。自分の間違いに気付いていないことがさらに怖いと思いました」
­
・「個人タクシーの運転手が、かなりのおじいさんで、青信号になる前に発車したり、裏道だからと狭い通学路を猛スピードで走ったり。とにかくヒヤヒヤしました」
­
最近の交通事故で話題になっているのが、高齢ドライバーによる車の事故です。本人がまだまだ大丈夫と思っている場合、自分から運転免許を返上するのはなかなか難しいものがあります。それだけではなく、地方在住の場合、車がないと生活に困るという話もよく聞きます。これは日本全体で考えていかなければならない問題ですよね。

舟をこぎながらの運転はやめて!

ハンドルを握りながらうつらうつら……。居眠り運転は、大事故に直結する可能性大!
同乗者も運転手が眠くならないよう工夫するのが必須ですね。
­
・「以前、バスガイドをしていました。高速道路で案内をしながらふと運転席を見ると、運転手が今にも寝そうに!! その時初めて目撃してしまったけど、今までもこうだったかと思うとゾゾッ!それからは、怪しいときは飴やガムを渡したり、冷たい水を渡したりするようにしました」
­
・「バス旅行が終わって降りるとき、ふと運転席を見るとチューハイの缶が運転席に!思わず鳥肌が立ちました」
­
・「海外旅行に行った時の話です。とある観光地まで行くために、ひたすら同じ景色の荒野の中を現地のツアーの車を延々と走らせていた時のこと。ふと気がつくと車が右に左にゆらゆら揺れていて、慌てて運転手を見ると居眠りしてました。繁忙期で睡眠時間が短くてと笑いながら言われましたが、あの時はヤバかった!」
­
重大事故の原因のうち、2番めに多いのが居眠り運転です。行楽シーズンになると、高速道路で渋滞中についコックリコックリという危ないドライバーが増えます。眠くなったら無理せずに駐車場でひと休みするなどの心がけが必要です。そもそも寝不足の場合、最初からハンドルを握らないという選択肢も!
­
「注意一秒、怪我一生」と言いますが、不注意な運転は、自分が怪我をするだけでは済みません。「ちょっとくらいは大丈夫」という油断は禁物です! 自分が危険な運転をしないのはもちろん、もし、一緒に乗っている人が危険な運転をしていたら、すぐに辞めさせましょう。
「ヒヤッとした」なんていう体験はなるべくならせずに暮らしたいですね。
­
文/craft-ark
※暮らしニスタ編集部が既婚女性100人を対象に行ったアンケート調査より
­
写真© naka - Fotolia.com