最近、自然派化粧品の流行で、芸能人や美容家に人気の“オイル美容”。実は、ひとつのオイルで髪や顔、ボディにも使えてとっても経済的な主婦の味方の美容法なのです! 今回はそんなオイル美容の秘密に迫っていきましょう。

オイル美容ってなに? 

オイル美容とは、天然由来の動物や植物からから抽出されたオイルを用いた美容法です。優れた保湿力や栄養を持つ天然由来のオイルを肌や髪に浸透させることで、肌の持っている潤いを閉じ込めながら栄養を与えます。
­
また、私たちの肌本来の保湿成分と、馴染みがすごく良いのも特徴のひとつ。浸透が良いので、もっちり柔らかい肌へ導いてくれますよ。

純度100%じゃないものは要注意?

不純物や、添加物が入っているオイルは空気に触れると劣化しやすくなります。劣化したオイルを肌につけた状態で紫外線を浴びると、肌の上で酸化し、シミや色素沈着の原因になる可能性もあるので要注意です。
­
また、「100%○○オイル」と表記されていても、そこに添加物や防腐剤などが配合されていると、「純度100%」とは言えませんので、購入する際は裏面の表記をしっかり確認しましょう。
­
純度100%の美容オイルは、肌に優しく、美容液のように肌に嬉しい効果がぎゅっと詰まっています! 始める際は純度の高い物を選んでくださいね。

お悩み別!おすすめオイル

最近では、色々な種類のオイルが販売されています。ここで、初めてでも迷わない、肌の悩み別に、ぴったり合うオイルを紹介していきましょう。
­
・エイジングのサインが気になる方
オリーブオイルやアルガンオイル、マカダミアナッツオイルは、肌のサビと言われる酸化を防ぎます。乾燥がお悩みの方にもおすすめです。
­
・美白ケアが気になる方
ローズヒップオイルやスイートアーモンドオイルは、肌の生まれ変わりのサイクルを正常にする働きがあります。シミの元、メラニンの排出を手助けしてくれますよ。
­
・敏感な肌、トラブルが起きている肌の方
スクワランオイルは、肌馴染みが良く、トラブルが1番起きにくいオイルと言われています。肌が敏感になっている方やにきびなどの肌トラブルを抱えている方におすすめです。肌を柔らかくする働きがあります。

オイル美容のやり方

顔や体、髪にも使えて、コストパフォーマンスが優秀なのもオイル美容の特徴のひとつ。さっそく、部位別のかんたんケアを紹介していきます!
­
・しっとり艶髪に! 
タオルドライ後、2〜3滴を手で温め、毛先からオイルをつけ、最後に頭皮にもいきわたるようにマッサージをしましょう。頭皮までしっかりつけることで、乾燥予防になり、ハリツヤのある美髪が育ちますよ。
­
・もっちりボディに!
シャワー後、体をふく前に、乾燥が気になる部分や、ひじやひざなど角質が固くなりがちな部分を中心に全身に塗ります。濡れている状態のままオイルを塗ることで、肌が乾いた状態の時よりも、肌に浸透しやすくなるのです。また、マッサージをしながら塗ることで、むくみケアも一緒にできます。
­
・乾燥知らずの顔に!
洗顔後、もしくは化粧水の後に2〜3滴を手で温め、顔全体に馴染ませます。しっかり潤いを閉じ込めるから、つるんとしたたまご肌をめざせますよ。オイルを化粧水や乳液に数滴落とし、馴染ませてから顔にのせるのもおすすめです。
­
オイル美容はコストパフォーマンスも良く、肌に嬉しい効果もたくさんあるため、主婦の味方と言えるでしょう。面倒なお手入れがひとつでできるので、お悩みに合わせて取り入れてくださいね。
­
写真© zest_marina - Fotolia.com