「がん」なんて、歳を取ってからかかる病気だと決めつけている人!考え直しましょう。子宮頸がんは近年20歳代や30歳代の女性に増えている病気の一つです。一体どのような病気なのでしょう?

子宮頸がんとは?

子宮頸がんとは、「子宮頸部」わかりやすく言うと「子宮の入り口」にできるがんのことを言います。9割以上の子宮頸がんの人から「ヒトパピローマウイルス(HPウイルス)」が見つかることから、このウイルスが子宮頸がんの発生に関係していると考えられています。
­
HPウイルスの感染経路は性交渉で、比較的高い確率で感染すると言われていますが、ほとんどの人は自然にウイルスを排除しているのです。長期にわたってHPウイルス感染状態が続いた場合に、がん化することが分かっています。

子宮頸がんの罹患率って?

厚生労働省によると、日本では年間におよそ1万人の子宮頸がんの報告があり、毎年3000人程度が亡くなっています。検診により早期に子宮頸がんを発見することが可能になっている一方で、性交渉の若年化から若い世代での子宮頸がん罹患率が増えています。
­
また、晩婚化や出産年齢の高齢化がすすんでいることもあって、できるだけ早くに子宮頸がんを発見して、子宮の温存をはかることが重要でもあると言えるでしょう。

早期発見がカギ!子宮頸がん検診は忘れずに受けよう

子宮頸がんは早期に発見すると、簡単な手術で完治すると言われています。がんの発見が早ければ早いほど、子宮を残したままでがんを取り除くことが可能なのです。がんの進行度合によっては、子宮を摘出しなければならなくなりますが、その場合は将来的に妊娠が不可能になってしまいます。
­
では、どのような症状に気を付ければよいのでしょうか。
­
残念ながら、初期症状というものがほとんどないことも子宮頸がんの特徴の一つです。したがって、早期発見を見逃さないためには「子宮頸がん検診」を定期的に受けることがとても大切なのです。

子宮頸がん検診はいつから受けるべき?

日本では子宮頸がん検診は20歳を過ぎたら受けるように推奨されています。性交渉の経験があれば誰しもHPウイルスに感染するリスクがあるからです。
­
HPウイルスが自然に排除されずに感染が続いた場合、がん化するまで3年はかかると考えられています。したがって、国では2年おきに受診するように推奨されていますが、検査結果によっては、もっと早くに受診するように言われることもあるでしょう。

みんな子宮頸がん検診を受けてるの?

日本においての子宮頸がん検診の受診率は、先進国の中で圧倒的に低く、20代においては約2割、30代でも4割にも満たない程度です。全体の受診率が8割を超えているアメリカと比較すると、日本の受診率がどれくらい低いかがよくわかると思います。子宮頸がんは検診によって早期に発見すれば完治するがんです。定期的に受診をして見逃さないようにしましょう。

子宮頸がんワクチンってどうなんだろう?

ニュースでもたびたび取り上げられているのでご存知の方も多いでしょうが、子宮頸がんの予防として、ワクチンも開発されています。HPウイルスには18程度もの種類があり、うち16型と18型が子宮頸がんの原因の5〜7割を占めると言われています。この16型と18型に対するワクチンの接種が現在実施されているのです。
­
当然、ワクチンの接種によって、16型と18型のHPウイルスによる感染予防については効果が認められています。しかし、このワクチン単独で全てのタイプのHPウイルスの感染予防はできないので、完全なる子宮頸がんの予防には至っていません。したがって、ワクチンを接種しても引き続き子宮頸がん検診を受けることは大切です。
­
また、ワクチンの副反応についても大きなニュースになっています。どの予防接種を受けても副反応のリスクはあります。軽い副反応では、発熱、注射部の腫れや痛みなどが認められ、重い副反応になると、ワクチンに対するアレルギー反応(アナフィラキシー)、手足の神経障害であるギランバレー症候群などがあります。副反応の起きる可能性はアナフィラキシーで96万人に1人、ギランバレー症候群にいたっては430万人に1人と報告されています。ワクチンのメリットが大きいととるか、副反応の危険の回避が重要ととるかは、一人一人に任されています。
­
性交渉の際、避妊具(コンドーム)をつければ安全、では決してありません。「私は大丈夫」と過信することなく、何はともあれ定期的に検診を受けることが肝心です。
­