日本の家庭料理では、まだまだなじみが薄いローズマリー。レストランではよく見かけるけど自分では使わない、実は買ったまま台所の隅に眠っている、なんてことはありませんか?ローズマリーは、肉や魚はもちろん、お菓子やドリンクにもできる使い勝手のいいハーブ。一度使い方を覚えれば、料理の幅が広がりますよ。

■外れ無し♪ローズマリー×鶏肉のレシピ

■コリコリの食感が病みつきに!「砂肝のアヒージョ」

【材料】
砂肝:200g
じゃがいも:中1個(100g)
にんにく:3片
オリーブオイル:ひたひた(200cc〜)
塩:小さじ1
ローズマリー:1枝
バゲット:適量
臭みの多い内臓系の部位も、ローズマリーはおいしく仕上げてくれます。1枝入れるだけで、アヒージョがワンランクアップしますよ。

■おやつにも、おつまみにも!ローズマリー×じゃがいものレシピ

■シンプルな材料でおいしさ引き出す「じゃがいものオーブン焼き」

【材料】
じゃがいも:4個
サラダ油:小さじ4
ローズマリー:適量
粗塩:適量
サラダ油をオリーブオイルに変えてもおいしいですよ。シンプルだからこそ、素材の旨みが引き立ちますね。

■冷凍品がおしゃれに変身「濃厚エスニックなフライドポテト」

【材料】
フライドポテト(市販・冷凍):100g
サラダ油:適量
塩:少々
チリパウダー:小さじ1/6
スイートチリソース:大さじ1
ローズマリー(フレッシュ):1枝
パルミジャーノ・レッジャーノ:20g
ビールにもワインにも合う、贅沢おつまみ。揚げ油に入れたローズマリーが冷凍のフライドポテトを格上げしてくれます。

■旨み引き立つ!ローズマリー×豚肉のレシピ

■冬にほっこり温まりたい「ハムホックと豆のスープ」

【材料】
乾燥した白豆:500g
ハムホック(なければベーコン):1個
玉ねぎ:4個
ベイリーフ:1枚
ローズマリー:2本
エクストラヴァージンオリーブオイル:1/4カップ
スイートチリソース:大さじ1
ローズマリー(フレッシュ):1枝
パルミジャーノ・レッジャーノ:20g
こちらのローズマリーオイルは、スープだけでなくいろいろな料理に応用できますね。グリル料理の仕上げはもちろん、バゲットに添えてもおいしそう。

■ローズマリー×魚のレシピ

■サラダに、お寿司に!「サーモンのスパイシー塩漬け」

【材料】
キングサーモン:900g
ネズの実(お好みで):12個
コショウの実:小さじ1
塩:1/2カップ
砂糖:1/2カップ
レモンの皮:2個
ローズマリー(細かくしたもの):1/4カップ
ウォッカ: 1/4カップ
ローズマリーの香りがしっかりとしみ込んだスパイシーなサーモンは、まるでレストランで出てくるような、リッチな味わい。そのままで、バゲットに添えて、サラダに加えてと楽しみ方が広がります。

■ローズマリーのお菓子レシピ

■おいしく美しく「クランベリーオレンジのローズマリー風味のマフィン」

【材料】
グルテンフリーの小麦粉:3と1/2カップ
グルテンフリーのオートミール:1カップ
砂糖:2カップ
重曹:大さじ1
塩:小さじ
オレンジの皮:大さじ1
ローズマリー(細かく刻んだもの):大さじ1
クランベリー(細かく刻んだもの):1.5カップ
油:2/3カップ
オレンジピューレ:小さじ2
リンゴ酢:大さじ1
水:2カップ
飾り
オレンジ:適量
粉砂糖:適量
生地に混ぜ込んであるので、これならローズマリーを余すところなく取り入れられますね。おいしく美しくなれるなんて、まさに一石二鳥!

■ローズマリーのドリンクレシピ

■香りも味も楽しめる「ローズマリーとザクロのウォッカ」

【材料】
水:1/2カップ
砂糖:1/2カップ
ローズマリー:3枝
ウォッカ:57g
ライムジュース:20g
ローズマリーシロップ:7g
ざくろジュース:28g
(飾り)
ローズマリー:適量
スライスライム:適量
ライムの種:適量
ウォッカの代わりにジュースや水で割れば、アルコールが飲めないときや子どもでも楽しめるのがうれしいところ。毎日の生活に、上手に取り入れたいですね。

食材の臭み消しや香りづけ、殺菌や保存などはもちろん、美と健康にも効果があるローズマリー。小さな鉢うえでもたくましく育ってくれるので、ベランダの片隅に育ててみるのもいいですね。ローズマリーを毎日の食事に取り入れて、うれしい効果を実感しましょう!