ハンドメイド作品は好きな布で好きな形に作れるのが魅力。しかし、手縫いにもミシンにも苦手意識がある人は意外と多いですよね?今回は針も糸も使わず、手軽に作品を作ることができる「裁ほう上手」をご紹介します。

■テレビや雑誌で話題!不器用さんに嬉しい「裁ほう上手」とは?

■1.アイロンだけで接着可能!

接着剤でおなじみのボンドから発売されている「裁ほう上手」は、布用の接着剤!針や糸を使うことなく、2枚の布をつなぎ合わせることができるんです。接着した後にアイロンを掛けるだけなので、ハンドメイド初心者でも手軽に挑戦できますよ。

■2.細口ノズルで細かい部分にも使いやすい!

「裁ほう上手」はノズルが細口になっているので、細かい部分にも接着剤をつけやすいんです。広い部分に塗るときは付属のヘラを使って広げられるので、細かいパーツから大きなものまで苦労することなく貼り付けることが可能なんですよ。

■3.乾くのが早い!

布と布を接着した後にアイロンを掛けることにより、接着剤が乾く時間を短縮できます。また、アイロンを掛けることによって、接着の強度が増すのが嬉しいポイント!作った作品を洗濯やドライクリーニングできるのが便利なんです。

■貼るだけでお悩み解決!子供服リメイクを楽しもう

■丈の短さはレースでカバー

上半身は入るワンピースや、ウエストサイズがちょうどよいスカートでも丈が短くて着られないことがありますよね?そんな時は、市販のレースに裁縫上手を塗り、裾にレースを接着してスカート丈を長くしましょう。もう1シーズンは着れそうですね!

■汚れや穴はパッチワークでカバー

子どものズボンは汚れ、膝のこすれ、穴などが目立ち、着られなくなることがありますよね?そんなときは、ズボンに合った布に「裁ほう上手」を塗り、隠したい部分をカバーします。パッチワーク風のデザインになり、生まれ変わりますよ♪

■ミシン要らず!憧れのオリジナルバッグ作り

■分厚い布でも大丈夫!子どもの上履き入れ

「裁ほう上手」は厚手の生地でも使えます。強度があるので、上履き袋作りにも最適!持ち手の部分と両脇に「裁ほう上手」を塗ってアイロンで留めるだけ。簡単なので、新学期の準備にも追われませんね。

■簡単にできる「あずまぶくろ」で夏カゴをアレンジ

カゴバッグなどの広口のバッグの目隠しやバッグの中の物の落下防止に使える「あずまぶくろ」。長方形の布の端を3つ折りして「裁ほう上手」で接着して処理します。あとは2ヶ所の辺を接着するだけで袋型になるので、あっという間にできますよ。

■貼るだけだから凝ったバッグも手軽に完成

ワッペンをポケットに貼り、ポケットと持ち手を本体に接着します。次に本体の両脇を接着すれば、レッスンバッグの完成!ミシンだと細かなパーツを縫うのが難しいですが、接着してアイロンを掛けるだけなので、折り紙感覚で出来そうですね。

■300円でできる本格的なクラッチバッグ

100均で買える竹素材のランチョンマットに、はぎれで裏地とマチを接着します。アイロンを掛けて金具をつければ完成。金具部分は手縫いが必要ですが、「裁ほう上手」以外の材料は300円!プチプラで本格的なバッグが作れるなんて嬉しいですよね。

■既存のバッグを可愛くアレンジ

ノベルティや雑誌付録のバッグにレースやパーツを接着すれば、世界でひとつのオリジナルバッグになります。市販のパーツを接着するだけなので、高度なテクニックや道具を使うことなくアレンジできるのが嬉しいですね。

■オリジナルポーチも「裁ほう上手」におまかせ

■苦手なファスナーつけも怖くない

ポーチを作ってみたくても、ネックなのがファスナーつけ。手縫いで縫うには固く、ミシンでキレイにつけるには技術が要りますよね?ファスナーの両端に「裁ほう上手」を塗り、ポーチ用の布に合体させるだけなので、工作気分で楽しめますよ。

■同じ大きさで収納力は数倍!ポーチを合体リメイク

大きさは変えたくないけど、収納力は上げたい。そんなときはポーチ同士を接着して収納力を上げましょう。接着部分を隠すようにレースや飾りパーツなどをつければ、見た目も好きなようにアレンジできます。

■子どもも喜ぶオリジナルワッペン

■フェルトで手作り♪オリジナルワッペン

切りっぱなしでもほどけないフェルトと「裁ほう上手」があれば、オリジナルワッペンも簡単にできてしまいますよ!始めに全てのパーツを作ったら、土台となる部分から接着していきましょう。窓やタイヤなど装飾パーツを最後に接着すれば完成です。

■使い方は無限大!「裁ほう上手」を使ったハンドメイド作品集

■学校生活の必需品「移動ポケット」

ポケットのない洋服を履いているときに便利なのが「移動ポケット」です。28cm×13cmのフェルトとそれより少し大きい布を土台にし、蓋やフックを「裁ほう上手」で接着すれば完成!フックは100均でも購入できるので、チャレンジしてみたいですね。

■たっぷり収納が魅力の「通帳ケース」

あったら便利だけど、市販品ではなかなか理想のものに出会えない通帳ケース。2枚の布を好きな大きさに切り、外表で貼り合わせます。両サイドの処理はバイアステープに「裁ほう上手」を塗って布を挟みこめば簡単!たっぷり収納できる理想のケースができますね。

■ミシンの技術が必要な「ストラップ」も楽チン

布幅が細いストラップは、なかなかまっすぐ縫えず、ミシンの技術が必要になります。細長い布を縦四つ折りにして接着するだけなので、高度な技術は必要ありません。布の先にナスカンをつければ、市販のカードホルダーにつなげられますよ。

■スタイリッシュな印象が魅力の「キーホルダー」

ストラップより布を短くすれば、キーホルダーも作れます。接着してしっかりアイロンがけをすれば、布がパリッと仕上がり、スタイリッシュな印象に♪タグなどポイントになるようなものをつけると、市販品のような仕上がりになりますね。

■紙や紐を組み合わせるだけの「オリジナルラッピング」

「裁ほう上手」は紙に使うこともできるんですよ!円形の紙を土台に、両端に穴を開けた8枚の細い紙を放射線状に「裁ほう上手」で留めていきます。最後に穴を開けた部分に紐を通して結べば、ふんわりした形が魅力のラッピングの完成です。

「裁ほう上手」があれば、裁縫に苦手意識のある方でも気軽に挑戦できるのが魅力です。また、縫う手間が省けるので、時短にも!あらゆる面でハンドメイド作品に躊躇していた人の背中を押してくれそうな強い味方になってくれそうですね。