キャラ弁におすすめなのが、小さいお子さんにも大人気なキャラクター癒やしロボットのベイマックス!ベイマックスはもともと白いボディの持ち主なので、具材を着色する必要がなく、特徴的なの目の形は、のりを使って上手にカットするだけ。最初は少し手こずるかもしれませんが、慣れれば大丈夫。ぜひ挑戦してみてください!お子さんもお食事が楽しくなって、きっともりもり食べてくれますよ。今回アイデア満載のおすすめベイマックスキャラ弁をご紹介していきます!

■時間がかからず可愛いキャラ弁の代表ベイマックス

■ミニおにぎりで作るベイマックスのキャラ弁!運動会や遠足に

【材料】
・ご飯:適量
・のり:適量
・つまようじ:適量
・マスキングテープ:適量

楕円形のミニおにぎりを作ったら、目の形にカットしたのりをはって顔の土台を完成させましょう。マスキングテープと、つまようじで作ったミニフラッグがキュート。ベイマックスの顔の端っこにフラッグをさして、おにぎりやおいなりさんと一緒につめて、おいしそうなキャラ弁のできあがり。お子さんの運動会や遠足、家族で出かけるピクニックなどに持参すれば、楽しいランチになりますよ!

■成形する必要なし!ゆでたまごで作るベイマックス

【材料】
・ゆで卵:適量
・のり:適量
・シリコンカップ:適量

簡単手間いらずでできる、ゆでだまごを使ったベイマックスの作り方です。お湯から出したばかりのゆでたまごをシリコンカップに入れてからお皿をかぶせ、たまごの表面が丸い平らになるまで放置!のりで顔を作ればベイマックスになりましたよ。たくさんのお友達を呼んでのパーティーや、ちょっと朝寝坊してしまった日のキャラ弁づくりにおすすめの調理法です。

■ベイマックスでお腹いっぱい。キャラ弁初心者さんにおすすめ!

【材料】
・ごはん:適量
・塩:適量
・のり:適量

塩をまぶしたご飯を小さく握ってベイマックスを作りましょう。小さいお子さん向けのキャラ弁なら、主食のご飯はベイマックスおにぎりだけでも十分な量です。ハンバーグやコーンなど、お子さんが大好きなおかずと一緒にお弁当箱につめるだけで、可愛いキャラ弁の完成です!キャラ弁初心者さんには特におすすめです。ぜひ作ってみてくださいね。

■キャラ弁以外でも大活躍のベイマックスレシピ

■カレーのお布団をかぶったベイマックスがおいしそう!

【材料】
・ごはん:適量
・のり:適量
・カレー:適量

小さいお子さんがなかなか食卓についてくれないときは、ベイマックスカレーで気を惹いてみてはいかがでしょうか?顔だけではなく、ボディも手足も楕円の形にご飯を握るだけなのですぐにできちゃいます。ベイマックスに見えるように楕円おにぎりを配置して、あとはお子さんの好きな具材を入れたカレールウをかけるだけ。カレールウのお布団をかぶっているみたいで、食べるのがもったいくらいですね!

■カレーもベイマックスも大好き!小さなお子さんへおすすめレシピ

【材料】
・ごはん:適量
・のり:適量
・カレー:適量
・赤ウィンナー:適量

野菜とひき肉をふんだんに使った栄養満点カレーの上に、ベイマックスご飯を乗っけてデコカレーを作りましょう。ボディの上には、ハートにかたどった赤ウィンナーでキュートに仕上げるのがポイント。大好きなベイマックスの上に大好きなカレーをかけたら、ママ特製ベイマックスカレーのできあがり!お子さんのために忘れられないおいしい食卓を演出してあげてくださいね。

■ティータイムで癒されるマシュマロとクリームのベイマックスカップスイーツ

【材料】
・生クリーム:適量
・砂糖:適量
・チョコペン:適量
・マシュマロ:適量
・ハートのトッピングシュガー:適量

ふわふわの生クリームの上にやわらかマシュマロを乗せた可愛すぎるカップケーキ。ボディ部分を生クリームにしているのは、顔に見立てたマシュマロが落ちないようにするため。マシュマロにはチョコペンで目を描いて、こんもり絞った生クリームの上に乗せましょう。アフタヌーンティーやコーヒーブレイクのおともにぜひどうぞ!

■お子さんと一緒に作って!ベイマックスのお月見団子

【材料】
・団子:適量
・のり:適量

ベイマックスは白い食材ならどんなもので再現できます!お月見団子も、そのひとつ。お団子がアツアツのうちに成形して、木のお皿の上に配置しましょう。ベイマックスっぽく作るコツは、ボディを一番大きく、顔はボディの4分の1くらいの大きさにすることです。せっかくのお月見ですから、お子さんと一緒に作ってみてはいかがでしょうか?くれぐれも、やけどには注意してくださいね。

■そのほかのご飯もベイマックスにしちゃお!大根おろしアート

【材料】
・大根おろし:適量
・ニンジン:適量
・のり:適量

デコレシピの定番といえば、お鍋の上に乗せた大根おろしアート。柔らかい大根おろしはベイマックスを表現するのにぴったりの食材です!ニンジンで作ったハートを片手に、出汁スープを入れる前のお鍋の上にちょこんと座らせましょう。食べるときには崩れてしまう大根おろしアートですが、形あるものはいずれ壊れるもの。デコレシピで哲学しちゃいますね。

■お揚げの中からこんにちは!ベイマックスのお顔がのぞくオープンいなり

【材料】
・お揚げ:適量
・酢飯:適量
・のり:適量

甘いお揚げに酢飯を包んで食べる、おいなりさんは、大人も子供も大好きですよね!こちらのベイマックスおいなりさんは、キャラをあえて表から見えるようにして作った「オープンいなり」!お子さんの誕生日やパーティーなどに大量に作って出せば、みんなで賑やかに食べることができますよ。お揚げの口は少しだけ内側に折り曲げておくと酢飯がきれいに入って見栄えが良くなります。

キャラ弁やデコレーションレシピでかたどるベイマックスは、手早く作れるのはもちろん、おいしくいただけるものばかり。少し大きいお子さんなら、ママと一緒に作ることもできますよね。親子の時間が楽しくなって絆も深まるベイマックスレシピ、ぜひ参考にしてみてください♪