家事に育児に仕事に忙しい主婦にとって毎日の食事作りは大変ですよね? 忙しいときや疲れて手を抜きたいときも、家族に「お腹すいた〜」と言われれば、作らないわけにはいきません。 そんなとき、とっても役に立つのが常備菜。保存がきくので、週末など時間がある日にまとめて作っておけば、ふだんの食事作りがグンと楽になります♪  ちょっとした副菜からガッツリメインになるものまでを集めたので、今度の週末にでも、さっそくトライしてみてはいかが?

■常備菜とは?


常備菜とは、作りおきができるおかずのこと。まとめて作って冷蔵または冷凍保存しておくことで、日々の食事作りやお弁当作りがラクになります。野菜や肉、魚など、何種類かのおかずを用意しておけば、ラクチン度はさらにアップ! また、茹でるだけ、薄味で炒めるだけなどシンプルな調理法の常備菜もあると、あとでアレンジしやすくて便利ですよ。
http://kurashinista.jp/column/detail/1501

■○○するだけ!とびきり簡単常備菜レシピ

■冷蔵庫にあると嬉しい1分常備菜 ピリ旨キュウリ

【材料】
・きゅうり:約半分
・白だし(白だし昆布つゆ7倍濃縮を使用):15ml
・水:45ml
・かぼす果汁:1/2個分
・ラー油:お好み量

カットした素材を、白だし、水、かぼす果汁、ラー油とともに漬け込むだけのお手軽レシピ。30分という短時間で味が染み込むので、すぐに食べてもOK!

■週末女子の作り置きレシピ「鶏肉のコンフィ」ほっとく簡単

【材料】
・鶏もも骨付き肉:10本
・オリーブオイル:適量材料が浸る程度
・ワイルドベリーまたはブルーベリー:ひとつかみ
・レモン(8つ切り):1個分
・パセリ(刻み):2束分
・セロリ(刻み):1本分
・レモングラス:20本
・オールスパイス:小さじ1/3
・しょうが(すりおろし):大さじ2
・にんにく(すりおろし):大さじ2
・塩こしょう:適量

鶏もも肉で作る本格コンフィ。実は、材料を鍋に入れ、オーブンでほうっておくだけでできちゃいます。冷凍保存できるのもうれしいポイント。

■【レンチン】常備菜レシピ!簡単さっぱりきのこのマリネ

【材料】
・マッシュルーム(ホワイト):4個
・マッシュルーム(ブラウン):4個
・舞茸:1パック
・玉ねぎ:1/4個
・パプリカ:1/2個
・白ワイン:大さじ1
・フレンチドレッシング:150ml
・ローリエ:1枚
・ブラックペパー:15粒

マッシュルームや舞茸のうまみがぎゅっと凝縮されたマリネ。レンチンだけで簡単に作れるので、たっぷり作っておくのがおすすめです。洋風メニューのサブおかずにぴったり!

■お酢で漬けるだけ!葱、人参、胡瓜・みょうがをピクルスに

【材料】
・葱:1本
・人参:大・1本
・胡瓜:2本
・酢:適量
・粒コショウ:適量

好みの野菜をお酢に漬けるだけの簡単ピクルスは、さっぱりとして箸休めにGOOD! 透明なボトルに入れて作れば見た目のかわいさも楽しめます♥

■子供もポリポリ食べる♪ブロッコリーのおひたし

【材料】
・ブロッコリー(小さめ):1株(250g)
・めんつゆ(かけつゆの濃さ):120〜150ml
・生姜のしぼり汁:小さじ1/2〜2/3
・鰹節:適量

ブロッコリーを和風味で食べるおひたし風レシピ。しっかりと味が染み込んでいて、子どもでも食べやすいのが魅力。ごま油や桜えびをプラスするなどアレンジも効きます。お弁当にも◎!

■山形だし風 火を使わない夏野菜の3分常備菜

【材料】
・オクラ:5本
・きゅうり:1本
・万能ねぎ:5本
・みょうが:1個
・すだち:1個
・白だし(顆粒または液体):適量

材料を細かく刻むだけの簡単調理なので、料理が苦手な人にもおすすめ☆ごはんや冷奴、豚しゃぶなどにかけてどうぞ。野菜がたっぷり食べられますよ。

■めんつゆで簡単作り置き『鶏手羽元と厚揚げの味噌煮』

【材料】
・にんじん(乱切り):1本
・えりんぎ(乱切り):2本
・生姜(薄切り):1片
・サラダ油:小さじ1
・鶏手羽元:8本
・めんつゆ(3倍濃縮):大さじ2
・酒・みりん:各大さじ1
・砂糖:小さじ2
・水:200ml
・厚揚げ:1個
・味噌:大さじ1.5
・長ネギまたは小口ねぎ:適量

鶏手羽元、厚揚げ入りでボリュームしっかりのメインおかずが作り置きできるのはうれしいですね。家族みんなの健康作りにぜひ役立ててほしい一品です。

■作り置きにオススメレシピ!「万願寺とうがらしのちくわとじゃこの甘辛炒め」

【材料】
・万願寺とうがらし:8本
・ちくわ:3本
・ちりめんじゃこ:30g
・にんにく:1片
・塩コショウ:少々
・サラダ油:大さじ1
●合わせ調味料
・醤油:大さじ1
・酒:大さじ1
・砂糖:小さじ1
・みりん:小さじ1

フライパンで材料を炒めたら、合わせ調味料を加えてさっとなじませるだけ。ごはんがどんどん進んじゃうこと間違いなしです♪

■劇的にきゅうりが簡単にパリパリになる方法&たこときゅうりの塩レモンマリネのレシピ

【材料】
・きゅうり:3本
・茹でたこ(小):1パック
・マリネ液
・すし酢:大さじ2
・レモン塩(市販品でOK):小さじ1/2弱
・おろしにんにく:小さじ1/2弱
・ごま油:小さじ1
・お好みで一味唐辛子:少々

パリパリとしたきゅうりの食感を存分に堪能できる裏ワザは、覚えておいて損はなし! たくさん作り置きしておけば、浸かり具合によって味の変化が楽しめますよ。

■作りおきレシピ「さつまいものそぼろ煮」

【材料】
・さつまいも:1本
・豚ひき肉:100g
・だし:200ml
・砂糖:大さじ1/2
・酒・みりん・しょうゆ:各大さじ1.5 
・かたくり粉:大さじ1
・水:大さじ1
・サラダ油:小さじ1
・万能ねぎの小口切り:2〜3本分

秋の味覚、さつまいもをおいしくいただくならこのレシピ☆ ひき肉やねぎもたっぷりで栄養も満点です。

■ソースも絶品!すぐにできてびっくり&失敗もしない「簡単ローストビーフ」

【材料】
・牛ロースかたまり肉:600g
・にんにくのすりおろし:小さじ2
・塩:大さじ1〜1と1/2
・こしょう:小さじ1/2〜1
・酒:大さじ4
・しょうゆ:小さじ1
・バター:小さじ2

憧れのローストビーフを手軽に作りたいなら、フライパンで焼いて休ませるだけのこちらのレシピがおすすめ! 作っておけば、丼に、サラダに、サンドイッチに、さまざまに活用できる上、ごちそう感もアップ♪一石二鳥のレシピです。

■メイソンジャーで常備菜☆おつまみ〜箸休め〜ご飯にもぴったり!

【材料】
・ザーサイ(粗みじん切り):適量
・大豆水煮(さっと茹でる):適量
・ささみ or 鶏むね肉(適量):塩ゆでする
※茹ですぎるとパサつくので茹ですぎないように
・カイワレ大根:適量
・ごま油:材料がなじむくらい
・ごま:適量

材料をすべて混ぜ合わせるだけ。ザーサイからほどよい塩気が出るので味付けいらずです。メイソンジャーなどガラス瓶で作れば、そのまま食卓に出してもキマりますよ☆

■ピクルスよりも食べやすい保存食レシピ「野菜のグレック」

【材料】
・カリフラワー、パプリカ、にんじん、マッシュルーム:合わせて400g程度
・にんにく:2かけ
・コリアンダー:小さじ1
・ローリエ:1枚
・白ワイン:1/2カップ
・オリーブオイル:1/2カップ
・塩:少々

使う野菜は、季節に合わせてそのとき旬のものを使えばOK! お酢を使わないので、酸っぱい味が苦手な人でも食べられます。

■長期間使えて便利!冷凍保存OKの常備菜

■トマト100%で作る我が家の絶品ミートソース♪といっても超簡単につくれます♪

【材料】
・トマト10個、ミニトマト20個
・サラダ油
・スライスしたニンニク
・合挽きミンチまたは鶏ミンチ
・あれば玉ねぎ、人参
・塩コショウ
・コンソメ
・ウスターソースまたはお好み焼きソース

ミートソースはさまざまにアレンジできる常備菜の万能選手。生のトマトで作るのがおいしさの決め手です。

■作り置きして楽しちゃおう!万能そぼろの作り方

【材料】
・豚ひき肉(牛豚合いびき肉でも可):300g
・長ネギ(粗みじんぎり):15㎝程度(40g)
・にんじん (5mm角):1/2本(50g)
・しょうがすりおろし(チューブでも可) :小さじ1程度
・しょうゆ :大さじ2+1/2
・砂糖:大さじ2
・みりん:大さじ1

バツグンに使い勝手がいい定番のそぼろのレシピ。小分けして冷凍保存しておけば、お弁当などにちょこっと使いができて便利です。

■作り置き冷凍シリーズ①:ひじきをお弁当用に小分け冷凍

【材料】
・乾燥ひじき:適量
・大根:適量
・人参:適量
・大豆:適量
・醤油、みりんなどお好みの調味料

シリコンカップに小分けして保存しておいて、凍ったままお弁当箱にいれてしまうという賢いアイデア! まさに、時短中の時短レシピですね。

■忙しい朝に大助かり!お弁当におすすめの常備菜レシピ

■魚が美味♡レンジ2分!メカジキの胡麻カツ風☆お弁当にも♪時短レシピ♬

【材料】
・めかじき(切り身):2切れ(152g)
・醤油:小さじ1
・マヨネーズ:小さじ1/2
・小麦粉:小さじ1/2
・胡麻(今回は白炒りごま):大さじ3〜適量

卵や油のかわりにマヨネーズ、パン粉の代わりにゴマを使ったカツ風メニューは、香ばしくてとってもヘルシーです☆

■さばのカレーマヨ焼き

【材料】
・真さば(3枚におろしたもの):1尾
・酒:小さじ1
・醤油:小さじ2
・生姜(すりおろし):1/2片
・マヨネーズ:大さじ2
・カレー粉:小さじ1/2〜
・パン粉:40〜50g
・サラダ菜:2〜3枚

マヨネーズとカレー粉のおかげで、魚の生臭さを感じにくく、小さな子どももおいしく食べてくれそう☆

■作り置き!つまみに、お弁当に、カラフル温野菜ガーリックオイルいため

【材料】
・好みの野菜各種
・にんにくのみじんぎり:適量
・サラダ油:適量
・塩コショウ:適量

カラフルな野菜を使えば見た目もとびきり華やかに! お弁当に色味を足したいときに便利ですね。

■保存もOK!しらすとピーマンの卵焼き

【材料】
・ピーマン:1個
・サラダ油:小さじ1
・しらす:15g
・酒:小さじ1
・卵:2個
・みりん:小さじ2
・塩:小さじ1/6
・焼き油:適量

お弁当の定番、卵焼きが、ちょっとの工夫で栄養も見た目もアップ☆

日々の食事作りやお弁当作りに役立つ常備菜のレシピをご紹介しました。野菜をたっぷり取り入れれば健康的だし、時短や節約にもなるので、忙しい人にこそぜひ試してほしい常備菜作り。続けるうちにコツがつかめるので、まずは、簡単なものからはじめてみては?

まとめ/松本玲子