子どもの成長を記録するために、育児日記をつけているママも多いのではないでしょうか。日々の様子や食事の内容、排便回数などを記録しておくことで、あとで見返したときに役立つこともたくさんあるし、数年後にはいい思い出になること間違いなし!
­
そこで今回は全国のママに、現在使っている育児日記と、「使ってよかった」ポイントをアンケートしました。育児日記選びの参考にしてみてくださいね!

雑誌やミルクの付録を活用!

・「『たまごクラブ』の育児日記を使ってました。デザインがとてもかわいくて、中身も途中で写真が貼れたりと、とても使いやすかったです。今では子どもの宝物です」(40代/専業主婦)
­
・「『ひよこクラブ』の付録についていた育児記録です。産まれてすぐに使いだしたのですが、オッパイやミルクを飲んだ時間を表に記録していくので、赤ちゃんの生活パターンを把握しやすく、見やすかったです。見開きで1週間あり、気づいたことや成長の様子も書き込めたので後で見返しても昨日の事のように思い出せます」(30代/専業主婦)
­
・「グリコのベビーダイアリーを使っています。アイクレオというミルクのおまけですが、時間軸になっているため授乳時間や睡眠などのリズムを記録しておくことが出来て便利です」(20代/専業主婦)
­
・「産院でもらったMEIJI乳業の育児日誌。後期編も申し込みでもらえるので1年間通しで書けるから」(40代/会社員)
­
・「森永の粉ミルクのポイントを集めてもらえる育児日誌が使いやすかったです。時間ごとに区切られていて、ミルクやお昼寝の時間がかきこみやすいです」(30代/専業主婦)
­
育児雑誌やミルクに付録でついてくる育児日記は、デザイン性も高く使い勝手も◎という声多数。お得に入手できるのもうれしいかぎり!

市販の育児日記が使いやすい!

・「ベルメゾンで購入した10年日記がオススメです。名前の通り、10年分を日にちごとに記入できるので、●年前の同じ日に何をしていたか、子どもの様子がどうだったかなど見返すことができて楽しいです。見た目もかわいい絵柄で、ハードカバー付きなのがいいです」(30代/専業主婦)
­
・「わたしのオススメは、ナツメ社の『思いをつづる3年育児日記』です。途中にあるコラムも読みやすく、気分が落ち込んだ時に元気をもらえました。書く欄が多くないので、ズボラで三日坊主の私が途中で挫折しても、また書きたいと再チャレンジできる気軽さも良いです」(30代/アルバイト)
­
・「グラフィック社の『パリからやってきた育児日記』を愛用しています。表紙はふわふわのテディベアを模していてかわいいです。しっかりとした作りで頑丈だし、出生日の新聞が貼れたり、中はあちこちにペーパークラフトが仕掛けてあったりして繊細で面白い♪ たくさんの“初めて”を写真と共に記録できます」(30代/パート)
­
・「『アプチェカ ベビーダイアリー』。妊娠時から書き込めるようになっていて、超音波検診の写真なども貼れる点が◎。時間経過がわかりやすくて大変使いやすい」(30代/専業主婦)
­
・「『HF ダイアリー』がいいです。カバーがついているので汚れる心配がなく、ポケットには診察券や母子手帳などをいれて病院などへ持ち運ぶこともできて便利です」(40代/専業主婦)
­
・「創作ノート専門店『Edit Shop』の『子ども成長日誌』は安価なのと、デザインがシンプルで記入部分もすっきりしていて家族で使いやすいです。夫も手に取りやすいリングノートなのがよかったかな」(30代/パート)
­
・「『たまひよ3年育児日記』です。3年間毎日一言くらいの日記を書いていくのですが、振り返ってみると、1年ごとの成長がわかり、成長のポイントが書き記されているのでとてもよかったです。いい思い出です」(50代/専業主婦)
­
・「『たまひよハッピー育児ダイアリー&スタンプセット』です。デザインが可愛く、書くところが少なくて続けやすい。表になっていて書いたものが見やすいのも◎。ひと月ごとにまとめるページがあり、成長を感じられます。私の場合、スタンプは使わずにとっておき、子どもがある程度成長してからおもちゃとして遊ばせています」(20代/専業主婦)
­
いろんな出版社から出ている専用の育児日記を使うのもおすすめ。ミルクや食事の時間が書き込みやすくデザインされていたり、見た目が可愛かったり、写真が貼れたりと、飽きずに続けられる工夫が施されています。成長の過程を文字や写真で残しておけるので、将来、子どもにとっても宝物になるはず。

一般的なノートで代用してもOK!

・「無印良品のノーマルなダブルリングのノートに日記をつけています。日付がないので間違えた時にそのページだけ捨てる事が出来るのもおすすめポイントです」(20代/会社員)
­
・「スケジュール帳がちょうどいい!日ごとにあったことを書けるしメモの欄もあるので見やすい」(20代/専業主婦)
­
専用の育児日記を買わなくても、使い慣れたノートやスケジュール帳に書くのも手。シンプルなので自分の使いやすいようにカスタマイズできるのもいいですね。

育児日記は携帯で気軽に!

・「スマホアプリの『赤ちゃんノート 〜育児のメモ&日記〜』がとても役立ちました。ミルクやトイレまで簡単に記録できるし、子どもの記念日には写真も残せたりと、とにかく優れものです」(20代/専業主婦)
­
・「育児日記はブログが一番いいです。閲覧制限できるものもあるので安心。すき間時間で手軽に入力ができるし、写真もたくさん掲載できるのが一番のメリット。テーマを自分で設定して、時系列に整理することもできて便利ですよ」(40代/専業主婦)
­
・「Instagramを使っています。写真を載せたり、その時の気持ちを書いたり、気軽にできるのでとても良かったです」(40代/専業主婦)
­
最近では、育児日記をアプリやブログでする人も! 手軽に日記を書けること、何より写真を載せることが出来るという点で人気になっています。
­
育児雑誌と一口にいってもさまざまな種類がありますね。
ママの備忘録として日々の育児に役立つのはもちろん、将来、子供と一緒に見返して楽しんだり、子供への贈り物にすることもでき、つければきっと宝物になるはずです。
使い勝手がいいものを選んで、長く書き続けたいですね♪
­
※暮らしニスタ編集部が既婚女性100人を対象に行ったアンケート調査より
­
写真© taka - Fotolia.com
­