周囲に理不尽な行いをする人に対し「モンスター○○」というラベリングがなされることが増えてきました。家庭、学校、習い事・・・様々な場所で、“モンスター”に悩まされている人は少なくないのではないでしょうか?
­
今回はその中でも、男性たちが職場で見かけた「モンスター社員」のエピソードを集めてみました。
思わず耳を疑ってしまう仰天エピソードが満載です!

給料泥棒モンスター

・「上司の指示や方針に文句ばかり言って、仕事をなかなかしない女性がいます。勤続年数だけは長いので、あまり上司も強くは言えず、お局様状態です。上司の目が光っていないときは携帯ゲームとかやってます。まさに給料泥棒」(40代/会社員)
­
・「会社の就業時間中に、インターネットの中継で野球のデーゲームを堂々と見ている社員がいました」(50代/無職)
­
・「自分自身の体調が悪いことを理由に、会社の制度を利用して極力働かないで収入を得ている人」(40代/自由業)
­
・「会社のオーナー。基本職場でずっと寝ています。体型も体臭もモンスターです。何をしに職場に来ているのかわかりません」(20代/専門職)
­
・「全く仕事能力がなく職場でも窓際扱いされている人が『この仕事っていいですよ。仕事をできないふりをしていると仕事が回ってこなくなって暇になる。それでも他人と同じ給料もらえるんですから』と言っていた。そういう私たちの職業は公務員。本気で言っているのか? それとも負け惜しみか? どちらにせよ給料泥棒なのは間違いないです」(50代/公務員)
­
・「タイムカードだけ押して仕事中行方不明、時間を過ごしたら帰る同僚」(40代/公務員)
­
・「日中は仕事せず、机の上で頬杖ついてぼんやりしている。電話は真っ先に出るが、業務知識不足でまともに回答できない。すぐ保留にし、だれかれ構わず大声で電話の内容を聞いて回る。しわ寄せを食っている部下が注意したところ『お前をいられなくしてやるぞ』と恫喝。こいつにだけは関わりたくない!」(40代/会社員)
­
・「外回りの営業中に健康ランドでひとっ風呂入り、生ビールを楽しんでるやつがいます」(40代/会社員)
­
仕事中に携帯ゲームをしたり、ボーっとしたり、行方不明になってみたり…。みんなと同じ給料をもらっているのが納得できないようなおさぼりモンスター社員は意外と多いよう。
職場の士気も下がるし、はっきり言って迷惑です!

礼儀知らずモンスター

・「勤務態度がひどく、特に人との接し方がめちゃくちゃな若手。敬語は、ほとんど使えません」(40代/公務員)
­
・「新入社員で入ってきたばかりなのに、残った仕事をそのままにして、上司の許可も得ずに勝手に退社し、翌朝は平然と始業時間ぎりぎりに出社。挨拶もせずに着席して平然としている。礼儀知らずにも程がある」(60代/契約社員)
­
・「何でも『それは職務命令ですか』と聞く新入社員がいます。どのように対応すべきか…」(50代/公務員)
­
「挨拶なし」「敬語も使わない」「平気で仕事を残して勝手に帰宅」など、モンスターな新入社員の目撃情報も多く寄せられました。仕事の前に礼儀を学んでほしいですね。

自己チューモンスター

・「仕事はしないくせに、上司にはごまをすり、同僚がミスをすると文句を言ったり、後輩にはいじめに近いことをする人がいる」(40代/自営業)
­
・「有休フル消化して、欠勤に突入しているのに、『クビにできるもんならやってみろ』と居直っている社員がいる」(40代/会社員)
­
・「ある技術系の社員は、自分の気に入った仕事しかしません。たとえば仕事を任されて納期に間に合わないとなると急に腰が痛くなったり、グループの協力が足りないと言いふらしたりします」(60代/契約社員)
­
・「何かにつけて『労災』とか『労働基準局に行く』など言う社員。別部署なので良かったが、正直うざい」(30代/会社員)
­
・「とにかく一日中文句しか聞いたことがない、と思う位に他の社員の文句ばかり言っている。それでもって勤務態度も悪く、定時には帰り、飲みに行っては翌日遅刻する。なのに評価はそれほど悪くなく、一定のポジションにいる。ある意味モンスターなのかと」(40代/会社員)
­
・「自分には甘く他人に厳しい人がかなりいますが、他のメンバーが助けてくれなかったから失敗したと開き直るモンスターがいた」(60代/無職)
­
人には厳しいのに自分には甘いモンスター。「文句ばっかり言ってないで自分がやれ!」と言い返したくなりますね。

常識外れなモンスター

・「会社にペットの子犬を連れてきた社員がいた。部屋に留守番させとくと熱射病になるかもしれないということでした…」(40代/無職)
­
・「新入社員が会社にローラーブレードで出社してきた。会社には社則があり、徒歩、自転車、自動車での通勤しか認められていないにもかかわらず」(30代/会社員)
­
・「ある女子社員が『靴ずれが痛いので早退したいのですが』、と掛け合ってきた時は驚愕した」(30代/自由業)
­
・「自分のブログで会社の悪口を書き込んでいたことが発覚し、社内で大騒ぎになりましたが、本人はまったく反省の色なし」(30代/自営業)
­
・「とにかく有給を使いまくる同僚。一番びっくりしたのは、突然紅葉を見たいと行って早退したことです」(30代/会社員)
­
・「体調が悪くなったり、精神的にまいったことをやたら会社のせいにして、親まで使って文句を言い、裁判沙汰にしようとする社員」(50代/会社員)
­
・「営業関係で得意先回りをしていた社員の一人が得意先の女性社員を口説きまわっていた。そのわりには営業成績も良く、女性を口説き落とす確率も高かったから、正直うらやましい思いも」(60代/男性/無職)
­
会社にペット、ローラーブレードで出社、靴ずれで早退など思わずのけぞってしまいそうな行動をするモンスター社員が! 自由すぎる生き様に周囲も驚きを隠せません。
­
今回の調査では仰天エピソードが多く集まり、モンスター社員に悩まされている人は決して少数派ではないということがわかりました。
­
注意しようにも常識のない相手に通じるのか、あるいは逆恨みされてしまうのではと思うと、なかなか言いづらいですよね。会社という組織の中で権利を主張するならば、自分が会社に対して果たすべき「義務」があるということもわかってほしいものです。
­
※暮らしニスタ編集部が既婚男性100人を対象に行ったアンケート調査より
­
写真© polkadot - Fotolia.com
­