結婚前を思い出してみてください。恋愛中って、両想いになれるかなれないかくらいの期間が、楽しかったりしませんでしたか? 実は、結婚中ならずーっとこの期間を楽しめます。
­
今の生活を壊してまで、不倫に手を染める女性は少ないと思いますし、相手だってそう簡単に「付き合ってください」なんて言えませんよね。
つまり、相手に「この人いいな」くらいで思ってもらえる期間を、ずっと楽しむことができるのです。

夫がいるからこその余裕で、男性を翻弄?

友達以上恋人未満。色んな意味でいい響きだと思いませんか? 結婚している女性は、この状態が作りやすいのです。
独身の女性が相手に迫ると、狩猟系である男性は意外と引いてしまいがち。しかし既婚女性となるとどうでしょう? 優しくされたり、気があるような発言をされたりしてドキドキしたところで、相手は人妻。「あ、こいつ俺のことが好きなんだ」とは、なかなかなりませんよね。

そして、何か物凄い原動力があったり、あなたからベッドにでも誘わない限り、不倫なんて大袈裟なことには発展しません。
­
つまり「この人いいな」くらいの感じで、男性からちょっぴり、ちやほやされるポジションを確立できるのです。では、男性を意識させるワードを見ていきましょう!

「○○さん好き〜!」発言も既婚者なら重くない!

独身中に言うと重いワードも、結婚しているとスキンシップワードくらいで使えます。
ただし、使うシーンを間違えると大変なことになってしまうので、そこだけ気をつけて使ってみましょう。
おすすめなのが、何かしてもらったとき、褒めてもらったとき、フォローしてもらったときに使う「○○さん好き〜!」の一言。ただし、会話の合間に入れて、あくまでも冗談っぽく。
「え?今なんて言ったの?」くらいで使ってみてくださいね。

「結婚してなかったらな〜」で意識させる!­

相手の事を褒めたいとき、相手のことをいいなと思ったとき、さりげなく伝えてみてください。
ただしこれも、意味深に言ったり、目を見つめていったりすると、違う意味になるので気をつけて。

「もうなんでもっと早く表れなかったのよ〜」「もう!結婚してなかったらよかったのに〜」など、半分おふざけで使ってみましょう。おふざけでも男性はちょっと意識してしまうものなのです。

ただし相手は不特定多数に!

女性として扱ってもらえれば、女性としての魅力を忘れずにいられます。キレイでいることを心がけるようになったり、周りに優しくできるようになったり。

ただし、気を付けて欲しいのが、ひとりの相手に限定しないこと! 一人に限定してしまうと、色んな意味で危険ですから、そこだけは注意してくださいね。
目指すべきは、クラスのアイドルのような存在です。
­
毎日同じことの繰り返し……そんなあなたは、こんな方法で退屈を脱出してみるのもいいかもしれません。あなたも、周りの男性にちょっぴり冗談を言って、関係を楽しんでみてはいかがでしょう!­
­
写真© naka - Fotolia.com
­