髪の毛は日々抜けていますが、夏が終わり秋を迎えるこの季節は、一年中で最も抜け毛が増える時期。毎年この季節になると、「また抜けた」「こんなに…?」と悩む方が多いのではないでしょうか?

抜け毛が多くなると、ヘアスタイルのボリューム感や毛先の厚みが減りして、まとまりが悪くなります。また、必要以上に抜け落ちた髪が、枕や排水溝にゴソッと溜まっているのを見るのもストレスに感じてしまうことも。

この時期に「どうして抜け毛が増えるのか」、その原因を知ることで「どのような対策ができるのか」をご紹介させていただきます。秋の抜け毛改善のため、ぜひ参考にしてください!

どうして秋になると髪は抜けるのか?

結論から言うと、秋の抜け毛の正体は「夏場に受けた紫外線ダメージ」です!
紫外線を浴びた頭皮は日焼けし、水分量が少なくなりカサカサした感じになり黒くなります。頭皮表面ではそのようなことが起きますが、実はこの時、紫外線は内部まで侵入しているのです。
­
内部まで侵入した紫外線は、細胞にダメージを与え、肌の弾力を奪ったりヘアサイクル(髪の成長・自然な脱毛のリズム)の乱れを引き起こしたりします。
しかし、紫外線を強く浴びるのは夏なのに、どうして秋に抜け毛が増えてしまうのでしょうか。
­
肌は肌の一番下で新しい肌を作り、それを上に押し上げ表面の肌(一番古い肌)を垢として排出する、「ターンオーバー」を常に行っています。
子供など若い年齢層28日周期で一番下で作られた肌が表面に上がってきますが、20代半ばを過ぎると、約「28日+実年齢」が1つの周期になるため、夏に紫外線でダメージを受けた頭皮の内部が、ちょうど秋頃、表面に上がってくるというわけです。
­
この時、頭皮はすでにダメージを受けていますので、乾燥や炎症を伴い頭皮環境が悪くなるため、抜け毛を促してしまいます。
秋の抜け毛は「夏の紫外線のしっぺ返し」のようなものなのです。
­

【自宅編】手軽にできて続けられるおススメの方法


◎質の良いシャンプーを使う
安価で手に入れやすいシャンプーは「石油系界面活性剤」を用いたシャンプーで、脂・水分を取られやすいです。これで洗い続けると、頭皮はますます乾燥し、抜け毛を促してしまいます。
­
できるだけ「アミノ酸系」をベースにしているシャンプーで洗うことがオススメです!脂・水分を取りすぎることなく、頭皮を優しく洗うことができます!
行きつけの美容室で担当の美容師さんに相談すれば、ピッタリなシャンプーを紹介してくれます。
­
◎洗髪後、必ず化粧水を頭皮に
頭皮の毛穴をキレイにした後は、化粧水をたっぷりと頭皮につけましょう!(ドライヤー前に)
秋の抜け毛の原因で挙げたように、紫外線のダメージを受けた肌は必ず乾燥しています。洗顔後、顔がカサカサして化粧水をつけるのと同じように、洗髪後の頭皮にも水分が必要です!ベタベタしているものは、使用感が気持ち悪いので、水のようにサラッとしている化粧水を選ぶのが良いでしょう。
­
育毛剤をお持ちでしたら、化粧水をつけた後に付け加えてください。
作物を育てる際、畑に水を与えてから肥料を加えた方が効率的なのと同じように、頭皮も水分があってこそ育毛剤がより活きます!
­
◎頭皮マッサージをしましょう
頭皮に化粧水(+育毛剤)をつけたら、頭皮が動いていることを確かめながら、マッサージをします。時間は30秒以内で大丈夫です!時間は短くても、無理なく毎日続けられることが一番大事!
­
しばらく続けると、頭皮が柔らかくなり、頭への血流量が増加しますので、髪・肌を作る細胞へ栄養が行きやすくなります。
­
◎睡眠をしっかりとりましょう
直接の頭皮ケアではありませんが、これも重要なポイントです。
人間は睡眠中に、体の中の様々なメンテナンスを行います。もちろん、ヘアサイクルや肌の生まれ変わりにも関係していますので、毎日しっかり睡眠を取ることが必要です。
­
もし睡眠時間が短い場合でも、睡眠の質が良ければ問題ありませんので、ご自分で熟睡できる方法を見つけることが大事です(お気に入りの音楽を聞きながら寝る・アロマなど好きな香りに包まれて寝るなど)。
­

【美容室編】自分ではできないスペシャル頭皮ケアを!

自宅で普段できない「ヘッドスパ」がおススメ!自分で頭皮マッサージをしても得られない気持ち良さ=リラックス効果が得られ、頭皮が確実に柔らかくなります!
­
ヘッドスパ中、仮に15〜20分ほど眠った場合、通常の睡眠を5時間ほどとったのに相当するリラックス効果が得られると言われています。
また、頭皮の状態に合わせたアイテムを使用するので、抜け毛が起こりやすい頭皮環境を改善に向け整えてくれます!
ヘッドスパは、秋前〜冬前にかけて月1回ずつ受けるとベストです。
­
写真 © Drobot Dean、© Iurii Sokolov ­- Fotolia.com


­