小さな空間なのに、入るとなぜか落ち着く場所がトイレ。掃除のしやすさを考えて極力シンプルにするのもいいけれど、おしゃれなインテリアをステキに飾って、自慢の空間をつくりませんか。 今回ご紹介するアイデアは、手軽にセンスアップできるものばかり。毎日使う家族はもちろん、お客様が利用することも考えながらイメージチェンジしてみて♪

■トイレットペーパーも素敵に見せるインテリア

■小物入れをつなげて♪ハンギングストッカー

100均で売っている丸底の小物入れは、トイレットペーパーがぴったり収まるサイズ!持ち手部分と丸底をチェーンでつないだら、三連がかわいいハンギングストッカーが完成です。ちらりと見えるトイレットペーパーは、英字新聞などで包むと◎。

■アンティーク風の手作りバスケット棚

セリアのワイヤーバスケットで作る収納棚は、床に置くだけでもおしゃれなインテリアに。バスケットをつなぐ番線もシャビーシックな雰囲気を演出します。トイレットペーパーはオイルペーパーで包めば生活感がなくなりますよ。

■かわいいリボンでトイレットペーパーをおめかし♡

トイレットペーパーそのものがインテリアになっちゃう楽しいアイデア。全体を覆っているのもリボン部分もすべてペーパーナプキンなので、模様や色の組み合わせを変えても楽しいですね。使うのがもったいないほどのかわいさ♡

■たっぷりストックもOK!すのこで棚をDIY

トイレットペーパーをたくさんストックしたいけど棚がない。そんな時は、すのこと棚受けで簡単DIY。やすりで角を丸くしたり、色を塗ったりするひと手間がやわらかな印象をつくります。これなら箱や入れて置くだけでもサマになりますね。

■クリアファイルがトイレットペーパーカバーに

何度でも使えて見た目もかわいい!そんなトイレットペーパーカバーが、クリアファイル一つでできちゃうんです。作業も切って貼るだけと超カンタン♪空間のアクセントにもなるので、トイレの雰囲気に合わせてお好みの柄で作って!

■タイルにのせて、香るお花でディスプレイ

トイレットペーパーをペーパーナプキンでくるくると包み、両端を芯の中に。それをタイルに置き、フレングランスフラワーをトップにのせたら、トイレットペーパーとは思えないディスプレイが出来上がり♡見た目だけでなく香りも楽しめます。

■手持ちの棚を角材とサインボードでリメイク

ホームセンターなどで買ったシンプルな棚も、リメイク次第でスタイリッシュなインテリアに。ブライワックスを塗った角材や板で、アンティーク風に仕上げましょう。扉に100均のウッドサインボードを使えばよりおしゃれに。

■リボンの飾りがロマンチックな見せ収納♡

ポイントは、ダーツを寄せたリボンやタッセルがポイントのゴムバンド。トイレットペーパーをペーパーナプキンで包みこのバンドをつけるだけで、一気にエレガントな装いに変身です。リーズナブルなペーパーも高級に見えますよ!

■ウッドコンテナの手作り棚にストック

100均で買えるウッドコンテナは、トイレットペーパーが2つ収まるちょうどいいサイズ。そこに、解体したすのこの板&キャスターをつければ、カントリー風のストック棚に。ウォールナットの塗装なら、大人かわいい風合いになりますね。

■ブリキと木の組み合わせがかわいいペーパーホルダー

木製のボックス、ブリキのプレート、アイアン風飾り棚。100均の素材3つを組み合わせたペーパーホルダーは、木の温かみとブリキのアンティーク感がとっても素敵。インテリア性抜群な上、ボックス自体も収納として大活躍してくれます。

■キッチングッズでコンパクトにかわいくディスプレイ

トイレットペーパー収納にぴったりのキッチングッズが、キッチンペーパーホルダー。温かみのある木製のホルダーにリボンのアクセントをつけて準備はOK!トイレットペーパーを2つ立てて収納できます。ペーパーは英字新聞と麻紐でくるり。

■トイレの壁のアレンジインテリア

■漆喰風の壁と板壁でリラックス空間に

ここはどこかのカフェ?と思うほど、おしゃれに壁をプチリフォーム。上の部分は、100均のセメント&ペンキを塗った漆喰風の壁、下はベニヤ板を切らずに作った板壁です。発泡スチロールで作ったレンガのアクセントも効いています。

■リメイクシートで板壁にチェンジ!

板壁風のリメイクシートを用意したら、作業自体はラクチン♪ただ壁に貼るだけで、殺風景だった白壁がおしゃれに生まれ変わります。シートの上部に板を貼れば、白壁との境目を自然に隠すことができ、シートを使っているのもバレません!

■壁のポイントにタイルを貼ってモザイク風

黄色にペイントした壁と、マットな大人色のレンガタイルの組み合わせが素敵。手を洗った時の滴シミを防ぐアイデアですが、壁のアクセントにもなってインテリア性は抜群です♪シールタイプのタイルなので手間もかかりませんよ。

■べニア板を並べて完成♪腰板壁

築年数の長い建物では、トイレの壁にも取れない汚れが…。壁紙を張り替えるのもいいですが、壁の下半分を白い板壁にするだけでフレンチカントリー風のトイレに早変わり。べニア板を両面テープで貼れば、釘要らずでOKです。

■発泡スチロールのレンガでナチュラルに

どこからも見ても真っ白なレンガ壁。ですが、なんとこの壁、発泡スチロールでできているんです!半田ごてで味のある溝を作り、さらに紙粘土と目地材で立体的に仕上げていくのがポイント。小物を置かなくてもこの壁だけで雰囲気アップです。

■すのこでできるアンティーク板壁

壁におしゃれなアクセントをつけるなら、板壁が簡単で最適♡こちらの板壁はすのこが材料。ばらしたすのこの板をブラウンに塗装して壁にペタペタ。板に適度な厚みがあるので、壁との境目を気にする必要がなく、レトロな風合いも楽しめます。

■超カンタン!マスキングテープで壁に華を

細かい造作が苦手な不器用さん、簡単に原状回復したい賃貸暮らしさんは、マスキングテープだけでできる壁アレンジはいかが。2種類のテープを平行に貼っていくだけなのに、温かみと華やかさがプラス。気分に合わせて替えられるのもいいですね。

■アイデアディスプレイが光るトイレインテリア

■窓のないトイレに手作り窓をディスプレイ

狭くて窓のないトイレは、どうしても閉塞感がありますよね。それならば、自分で窓を作って開放感を演出しましょう。窓の外をきれいな青空にして、かわいいカフェカーテンを飾れば、いつでもさわやかな景色が楽しめます!

■収納棚の一つをディスプレイコーナーに

板と棚受けで作ったお手軽な棚。一つは収納に、一つはディスプレイに活用を。飾るのは、お気に入りの雑貨やフェイクグリーン、香りを楽しむための石鹸やアロマスティックなど。収納部分をカーテンで隠すと、ディスプレイが際立ちます。

■天井にインダストリアル風ライトシェード

普段あまり気に掛けないトイレの照明ですが、遊び心のあるシェードで雰囲気を変えてみて。最近注目を集めているインダストリアル(工業系)デザイン風に、黒いカゴを2つ組み合わせたシェードなら、大人な雰囲気になりますね。

■子どもにも大好評!雲としずくのディスプレイ

スペースを取らずトイレをキュートにしてくれる雲形のディスプレイ。小さな雑貨やグリーンが置ける棚付きなので、気分に合わせてアレンジを。揺れるしずくのモチーフが楽しくて、トイレを怖がっていた子どもたちもウキウキです♡

■竹炭のアート作品で消臭&除湿

消臭や除湿効果のある竹炭はトイレで大活躍!カゴに入れて置くのもいいですが、アート作品として見て楽しめたら一石二鳥ですよね。白のペンキで好きな文字を入れるだけなのに、モノトーンの男前ディスプレイができました。

■開閉もできちゃう!出窓風ディスプレイ

窓のないトイレにこんなフェイク窓があればリラックス間違いなし。木の風合いを生かした窓枠に、ガラス代わりのクリアファイルを留めれば本物に近い仕上がりに。開閉可能なので、シーズンごとにオブジェを変えて楽しむのもよさそう。

■小さなフレームに布を飾って

アートフレームを飾っただけでも、無機質なトイレに温かみが加わります。例えば、小さなフレームにハギレを入れて並べてみて。ポイントは、座った時にちょうど目に入る高さに飾ること。壁の落ちない汚れにも目が行きませんよ!

■愛らしいミニチュアがお出迎え

100均のコレクションボックスを使ってミニチュアをトイレのディスプレイに。たっぷりのグリーンモスを敷き詰めることで、ミニチュアが動くことなく、グリーンの爽やかさもプラスできます。小さな世界観に想像もふくらみますね。

■ラダーシェルフでさりげなくディスプレイ

木の温もりも感じさせつつ、大げさにならないラダーシェルフはトイレの狭い空間にもおすすめ。雑貨やトイレットペーパーをポンと置いて、コテコテにならないナチュラルなディスプレイに。穴を開ける必要がないのもうれしいポイント。

■落書きも大歓迎!黒板シートで楽しいトイレインテリア

100均の板に黒板シートを貼ったカフェ風ボード。思い思いの文字や絵を描いてトイレの棚に設置してみて。同じデザインに飽きたら描き直して模様替え気分も楽しめます。こっそりお客様へのメッセージを書いてサプライズ!なんて演出もできそう。

■白壁にグリーンのディスプレイがさわやか

白壁に映えるかわいいグリーン。実はこれ、インテリアシールでデザインしたもの。白く塗った板をちょこんとつけることで、シールなのに立体感のあるディスプレイができました。さわやかさと清潔感をキープしつつ、おしゃれなトイレに。

■100均アイテムをトイレのインテリアに

■アートな壁もディスプレイ棚もプチプラで

100均の木箱にニスを塗って重ねただけの収納棚には、100均の人工芝とミニチュアをディスプレイ。ファブリックボードと木箱を階段状に飾って、壁全体をギャラリー風に仕上げています。紙の卵パックで作ったオブジェで遊び心もプラス♪

■100均満載で作るモノトーンインテリア

ブラックとブラウンをメインカラーに、100均のキッチン&ガーデニンググッズもインテリアとして使用。ブリキ缶やキッチンツールにアレンジしたフェイクグリーンが清潔感を出しています。換気扇の目隠しに使ったのは、なんと鍋蓋!

■華美すぎず、ナチュかわな100均ディスプレイ

100均のペーパーナプキンは、ころんとしたフォルムがかわいいポンポンにして空間インテリアに。窓辺にはフェイクグリーン、壁には英語のウォールステッカーと、ポイント的なディスプレイが、抜けのある優しい印象にしてくれます。

■かわいいウォールステッカーや窓枠で女子力高めに

フォトフレームを組み合わせた窓枠とガーランドで、普通の窓にインテリア性をプラス。動物モチーフのウォールステッカー、身だしなみチェック用の鏡も100均で。トイレに行くのが楽しくなる、女子の心をギュッとつかむインテリアです。

■北欧風なトイレインテリア

■ピンクの壁に映える北欧デザイン

ピンクに塗った壁を飾るのは、北欧を代表するマリメッコのウニッコ柄。フレームに入れて並べると、ファブリックボードのようなディスプレイになります。木製の小さな棚、白樺のカゴなど、北欧らしいアイテムもアクセントに。

■インテリアのアレンジでカフェ風に

■カフェ風インテリアをちりばめて

壁の一部に板壁テイストのリメイクシートを貼って、ガーランド風にした木製ピンチを壁面に。さらに、収納には無印良品のカゴを使うなど、ポイント的にカフェ風アイテムを使用。換気扇用の英字フィルターなど小技も効いています。

■オールドアメリカンな造りのカフェ風トイレ

マスキングテープを使ったモザイク風の壁や、ステンシルを施したディスプレイボード、100均手作りの窓枠がオールドアメリカンな雰囲気。クールさもありながら、木の温もりやグリーンの爽やかさが癒してくれます。

■木の温かさに包まれる空間づくり

扉を開けて真っ先に目に入る壁には、杉板をアシンメトリーに装飾。窓枠風の木製フレームや小さな木製棚など、色や風合いもさまざまな木のアイテムで全体を彩って。ウォシュレットパネルを目隠しするアイデアがおしゃれ!

■真っ白な漆喰の壁でパリのカフェ風に

漆喰を塗り、レンガ柄のリメイクシートを貼った壁は、どんな雑貨を飾ってもおしゃれな雰囲気に見せてくれます。さらに、窓にはめ込んだ格子、トイレットペーパーを入れたワイヤーカゴ、真鍮のランプなどでセンスアップ。

■男前インテリアでクール&スタイリッシュなトイレ

■ブラック×木材でトイレ全体を男前に

ウォールナットとブラックに塗ったべニア板で壁全体を囲み、木材を使ってタンクレスに!自作の棚や床に、アンティーク風の雑貨やサインボードをディスプレイすることで、トイレとは思えないような空間が出来上がります。

■清潔感も大切にした男前トイレ

なにげなく飾られたステンシルポスターと、スイッチパネルを隠した麻袋、トイレの蓋に直接施したステンシルなどが男前感を演出。古材風のクッションフロアが温かみを与えています。白壁を生かすことで清潔感もしっかりキープ!

■すのことレンガの壁紙がレトロ感たっぷり

オールナットで塗装したすのこの板壁がぬくもりを、タンクに貼った古いレンガ風の壁紙シートがジャンクさを感じさせる男前トイレ。ブラックのワイヤートレイで換気扇を隠すなど、すべてに手を加えてオリジナルのインテリアに。

■古材風の板壁を生かしてカッコよく

白のペンキでアレンジしたすのこの板壁を配し、やわらかく明るくなった空間を、黒板風のサインボードやタンクに貼ったウォールシールがキリッと引き締めます。トイレホルダーやタオル掛けも、さりげなくサイン入りの黒で統一。

■ナチュラル空間が広がるトイレインテリア

■白壁に木×グリーンを取り入れて

トイレの印象を決める壁は真っ白にペイント。そのおかげで、アイアンの小物を使ってもクールすぎることなく、やわらかな雰囲気をキープしています。タイル風のクッションフロアや棚の木材など、ブラウンの差し色もポイントに。

■ランダムに並べた板壁が印象的

白いペンキを塗り重ねた杉板は、長さを統一せずあえてランダムに並べることで、キッチリしすぎずナチュラルなテイストに。同じく白でペイントした窓枠や小さな棚、白のレンガ風壁紙が温もりのあるアクセントになっています。

■クッションフロアでナチュラルにイメチェン

接着剤付きのクッションフロアなら、床の形に合わせて切り貼りするだけで、あっという間にイメチェン完了!ホワイトベージュの木目調を貼れば、トイレ全体がナチュラルな印象になります。壁にはすのこで作ったウォールデコを。

■紙粘土のレンガ壁でタンクレス

トイレの背面を飾ったレンガ壁は、なんと100均の紙粘土を積み重ねたもの!壁紙にない立体感と白のナチュラル感がおしゃれです。タンクレスに仕上げることで、すっきりしたトイレになり、雑貨なども飾れる飾り棚としても大活躍。

■パインモチーフの床とレンガの壁でプチリフォーム

床に貼るクッションフロアは、木目や節の模様が特徴的なパインモチーフをセレクト。グリーンのトイレマットと合わせると、ナチュラルなイメージのトイレが完成です。レンガ調の壁紙とのコーディネートもバッチリ!

■発想は無限!個性豊かなトイレインテリア

■ハニカムボールでおしゃれに空間を飾る

壁紙とのカラーコーディネートを考えながら、好きな色のハニカムボールを用意。サイズと色を変えながらつなげ、それを天井から吊るすだけで、楽しくウキウキするようなトイレになりますよ。シーズンごとに色を変えてもいいですね。

■お気に入りの壁紙をトイレの一角に貼って

壁全体ではなく、一部だけにお気に入りの壁紙を貼って残りは白にペイント。それによって壁紙の印象がグッと増しおしゃれに見えます。サニタリーボックスもペイント&ステンシルを施すことでインテリアの一つとして存在感を発揮。

■清潔感第一!インテリアはプチプラで

掃除のしやすいシンプルなつくりで清潔感を保ちながら、アクセントになるインテリアを選んでところどころに装飾。見せたくない汚れや傷はプレートやマットを使えば、自然に隠すことができます。リメイク缶でお花を飾るのもアイデア。

狭くて暗くて、おしゃれとは程遠いかも…、と思っているトイレこそ、インテリアの使い方次第で大胆なイメージチェンジが可能に。トイレがおしゃれだとおうち全体が洗練された雰囲気になりますよ!

まとめ/関東博子